お手軽筋トレメニュー。簡単スクワットのやり方

筋トレをしたいけど、ジムに通うとなるとお金も時間もかかるし・・・。
そう思っている方は多いと思います。
とくにサラリーマンなど毎日遅くまで仕事をしている方は、時間がとれたとしても貴重な休日を使うことになるんじゃないでしょうか。
そんな方にお手軽に家で出来る筋トレメニューを紹介します。
短時間で手軽にできるので、是非チャレンジしてみてください。

スポンサードサーチ

簡単スクワットのやり方

スクワットは筋肉量の多い下半身を鍛え、基礎代謝向上を目指します。

また、腹筋にも負荷がかかりますのでぽっこりお腹にも効果が期待できます。

普段の姿勢が悪い方は背中にも負荷がかかりますが、姿勢矯正にも効果が期待できますので一石二鳥です。

①腕をまっすぐ前に伸ばして、足は肩幅より若干広めに開きます

・腕を前に伸ばし、胸を張ることで姿勢が矯正されます。なるべく上半身の姿勢がくずれないようにしましょう。

②ひざは90〜100度の角度でゆっくり曲げます

・膝の角度で負荷が変わってくるので、自身で調整しながらやりましょう。

③曲げた際に股関節にコピー用紙が挟まるくらいを意識してください

・効果的なスクワットが出来ていることを外部意識で確認しながら取り組みます。

上記を1日10回程度を目安にやっていきます。

背中に負荷がかかるようなら普段の姿勢が悪いことが考えられますので、自身の姿勢が真っ直ぐかどうか意識して取り組んでください。

余裕が出来てきたら回数をだんだんと増やしていきましょう。

まとめ

トレーニングとしてのスクワットをしたのは学生の頃の部活以来でした。
人によってかなり負荷がかかるので、10回でもつらいと感じる方は多いかもしれません。
自分の場合は背中にも負荷を感じたので、普段の姿勢が悪かったことに気づくことになりました。
手軽に出来るので、姿勢矯正の為にも続けていこうと思います。
普段の日課に入れれるくらいとても簡単に出来るので、コレはかなりオススメできます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました