川上洋平感激!![Alexandros]ドロスが“機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ”主題歌を担当!

音楽ニュース
出典:公式Twitterより

新型コロナの影響で母校の青学で予定されていた凱旋ライブを見合わせることになり、3月8日に「緊急生配信![Alexandros]ライブ無くなったからSP」をYouTubeで配信した[Alexandros]アレキサンドロス。(以下:ドロス)

病気で勇退を発表されたドラムのサトヤスさんも生配信の途中から出演され、4人揃ったドロスのトークはファンにとっても幸せな時間となりました。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の主題歌を[Alexandros]アレキサンドロスが担当する事が発表!

そんな勢いに乗ってるドロスがこの度、アニメ映画「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の主題歌を担当する事が発表されました!

これにはガンダムファン歓喜!

機動戦士ガンダムシリーズの中でもオリジナルの流れを汲んだ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」はかなり力の入った作品の様です。

制作側は、同作と一緒に海外展開ができるアーティストを起用したい、という思いで選考し今回の抜擢に至ったようです。

ドロスのボーカル川上洋平さんは、主題歌を担当することになり「めちゃめちゃ嬉しかった」と満面の笑み!

その理由として、マネージャーが、ドロスが所属するレーベル名をガンダムの機種名などで知られている「RX」を用いて「RX‐RECORDS」と名付け「いつかこういう仕事が来るように」と名前を付けるほどの、筋金入りのガンダムファンだったからだそうです。

いつも支えてくれるマネージャーへのこの上ない恩返しが出来たことを川上さんも噛み締められていたようです!


サトヤスさんからも喜びの声

そして、サトヤスさんも#全俺が泣いた」「#無限大のめでたいなと仲間を祝福!

配信では、ドラムが叩けないことを受け入れて胸を張るしかなかったと言われていましたが、勇退されてもファンの間では変わらず愛されてるサトヤスさん。

陰ながら応援していて嬉しくてたまらない様子が伝わってきます。

ファンの反応

まとめ

今回ドロスが「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の主題歌に起用された事で、ドロスが老若男女からも注目を集めることになると思います!

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』って富野ガンダムなんです。

1989年~1990年にかけて角川スニーカー文庫から刊行された富野由悠季の小説作品が元になっています。

オリジナルの流れを汲んだガンダムの主題歌とあって、ガンダムファンの川上さんの喜びがこちらまで伝わってくるようです!

富野ガンダムのファン層はかなりの広範囲にわたるので、新たなファンの獲得も期待できるかもしれませんね。

とにかく早く主題歌をフルで聴ける日が楽しみです!ドロス、渾身の一曲を待ちたいと思います。

関連記事
アレキサンドロス「ライブ無くなったからSP」をYouTube緊急生配信!新たな発表とは?
フィロソフィー“Philosophy(18祭Mix)”リリース!アレキサンドロス[Alexandros]名前の由来やメンバー紹介など。

コメント

タイトルとURLをコピーしました