富山リハビリテーションホームでコロナクラスターの恐れ。場所と現在の状況を調べました。

クラスター感染
出典:doctor-map

4月17日、富山市内で10人のコロナウイルス感染者が確認されました。

そして、翌4月18日には富山市内の50~90代の男女3人が新たにコロナウイルスに感染し、その内のお1人が亡くなられたと発表しました。

亡くなられたのは富山リハビリテーションホームに入所されていた90代の女性の方でした。

コロナが原因で亡くなられてたのは、富山県で初となります。

富山県内で相次いでいるコロナウイルス感染ですが、その大半が富山市から発生している状況です。

4月18日20時頃、さらに9人の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

現在、医療施設での院内クラスターが日本各地で増えており、富山市民病院でも医療従事者・患者のクラスターが発生しています。

日本全国に緊急事態宣言が出されたこともあって、コロナ対策に関しては十分気を付けている方がほとんどだと思いますが、個人個人でも一層のコロナ防衛を意識した行動が求められています。

医療機関のクラスターは、その地域の医療崩壊に繋がりかねないので特に注意が必要になります。

発熱したから咳が止まらない等の理由で安易に医療機関で受診するのは控えて、まずは保健所に相談することにしましょう。

今回はクラスター発生が心配されている、富山リハビリテーションホームの場所と現在の状況を調べていきたいと思います。

4月18日富山市会見


午後4時00分の会見の模様です。

4月18日時点で富山県のコロナウイルス感染者は合計で91人となっています。

医療法人社団恵成会 富山リハビリテーションホームの場所



医療法人社団 恵成会グループ『富山リハビリテーションホーム』
住所:富山県富山市丸の内3丁目3−22

富山市内中心部に位置しています。

富山リハビリテーションホーム入居者が富山県初の死者に

亡くなられた方は、富山リハビリテーションホームですでに感染が確認されていた80代女性(17日感染確認)の同室の90代女性の方になります。

4月9日に発熱、4月16日に肺炎症状が見られたため、指定医療機関に救急搬送されましたが、翌17日に亡くなられました。

コロナ陽性の検査結果が出たのは4月18日となっています。

感染が確認されたお2人の濃厚接触者は富山リハビリテーションホーム施設職員が18人とされています。

同ホーム入所者の濃厚接触者は現在調査中とのことです。

PCR検査の結果が待たれますが、状況はひっ迫しています。

ネットの反応

まとめ

医療機関でクラスターが発生すると、施設を消毒したり濃厚接触者となった医療従事者が自宅待機せざるを得なくなります。

老人保健施設、デイサービスや老人ホームでも同じです。

そうすると、通院、通所している利用者、患者の方を受け入れることが出来なくなり、本体なら治療を受けることが出来た方も受けることが出来なくなります。

医療崩壊は間近に迫っているとひしひしと感じます。

もし自分が感染した場合、『入院出来ないかもしれない』ということも頭の隅で考えなければならないかもしれません。

そうなった時に、自宅療養の際には何が必要なのかをリストアップして事前準備をしておくと安心できます。

個人レベルで出来ることは、早め早めにやっていきましょう。

富山リハビリテーションホームでお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。

関連記事
富山市婦中デイサービスめぐみでコロナクラスター発生か?県、恵成会の謝罪会見をまとめました。
富山市デイサービスめぐみでコロナクラスター発生か?富山県、恵成会の謝罪会見をまとめました。
富山神明小学校でコロナクラスター発生か?学校の場所と感染者の状況を調べました。
富山市民病院のクラスターで理学療法士が新たにコロナ陽性。感染者の行動歴と病院の状況を調べました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました