鳥取NHKディレクターがコロナ感染。20代男性の行動歴(利用飲食店)と症状を調べました。

新型コロナ関連
出典:ウィキペディア

鳥取県鳥取市でNHKディレクターが新型コロナウイルス感染したとの報道がありました。

民法テレビ局でもアナウンサーがコロナ陽性となるなどして、ロケ中止等を決定しています。

テレビ局といえば、新型コロナウイルスが蔓延してから、放送の度に注意喚起をしてきたと思います。

「密閉」「密集」「密接」『3密』を避けるのは基本として、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を保つなど、連日ニュースで耳にします。

4月18日、鳥取県鳥取市で番組を作る側のNHK職員が感染したというニュースが流れたことで全国的にも話題となっています。

今回は、鳥取市でコロナ感染が確認された20代男性NHKディレクターの行動歴や症状を調べていきたいと思います。

鳥取県平井知事4月18日会見

コロナ感染が確認され発表されたのが4月18日午後でしたが、その日の22時30分から会見が行われました。

平井知事によると、まだ市中感染が広まっているという状況ではないと考えられる為、冷静に対応してもらいたいということ。

鳥取市長4月19日コメント

4月18日に、本市におきまして、2例目となる新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認されました。今回の事例につきましても、感染された方の行動歴などから、引き続き濃厚接触者の特定などの調査を保健所で進めているところです。

本市では4月10日に本市で初めてとなる陽性患者の確認以降、この事例からの感染拡大は確認されていませんが、2例目の発症もあり、改めて市民の皆様におかれましては、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今後とも次の点に留意した行動に努めていただきますよう、ご理解、ご協力をお願いいたします。

〇3つの密「換気の悪い密閉空間」、「多数が集まる密集場所」、「近距離での会話や発声が行われる密接場面」を避けてください。

〇手洗いまたは手指消毒、マスク着用などの咳エチケットの励行をお願いします。

〇風邪症状や発熱、味覚・嗅覚に違和感などの症状がある方は、外出は控え、まずは「発熱・帰国者・接触者相談センター」へ電話で相談していただきますようお願いします。
引用:鳥取市ホームページ

医療機関では院内感染、病床確保などでひっ迫した状況が続いています。

何らかの症状を感じられたら、市長コメントにあるようにまずは帰国者・接触者相談センターへ相談しましょう。

個人個人がコロナ対策をすることは、医療機関を助けることにも繋がります。

今は緊急事態宣言が全国に出されているので、県をまたいでの移動、不要不急の外出もできるだけ控えるようにしたいですね。

コロナ陽性の20代男性NHKディレクターについて

NHKホームページNHK鳥取ホームページにはディレクターがコロナ感染したことに対しての情報開示は見つけることが出来ませんでした。

平井知事の会見によると、NHK鳥取放送局は同局の制作担当者と明かしたとされていますが、現時点(4月19日午前)ではホームページ上で公表していないようです。

NHK鳥取放送局の場所


住所:鳥取県鳥取市寺町100

NHK20代男性の症状・行動歴

3月29日京都府を日帰り訪問。
4月1日鳥取市内で取材ロケ。
4月6日鳥取市内で取材ロケ。
4月13日喉の痛み、咳の症状が出る。
4月14日発熱(38.7℃)。
4月15日帰国者・接触者相談センターに相談。近くの診療所の受診を勧められる。
4月16日一般診療所を受診(車内越しの診療)。仕事を休み、自宅で過ごす。
4月17日症状が改善されず、再度帰国者・接触者相談センターに相談。
4月18日PCR検査実施。陽性確認。

4月始めの取材では県外者もおられたようです(1日、6日か定かではありません)。

医療従事者との接触は完全防護体制で行われたとのこと。

保健所によって、これから聞き取り調査が行われるそうです。

18日午後10時現在の状況は、37℃を超える発熱があるものの、酸素を投入する状況には至っていないことから、軽症という扱いになるとのことです。

NHK20代男性が利用した飲食店

(1)対象飲食店:鳥取市南吉方二丁目25、店名「すき家鳥取南吉方店」、読み方は「すきやとっとりみなみよしかたてん」

滞在日時:(1)4月12日(日)13時頃(約20分)

(2)4月17日(金)18時頃(約20分)

(2)対象飲食店:鳥取市永楽温泉町378、店名「海鮮問屋村上水産鮮魚部」、読み方は「かいせんどんやむらかみすいさんせんぎょぶ」

滞在日時:4月13日(月)13時頃(約30分)

(3)対象飲食店:鳥取市南吉方一丁目25、店名「うどんちよ志南吉方店」、読み方は「うどんちよしみなみよしかたてん」

滞在日時:4月15日(水)14時頃(20分)

これら3店舗の従業員の皆さんは、現在、健康に問題はなく、患者の接触者としてPCR検査を受けていただいた結果、すべて陰性でした。また、店舗内の消毒についてもその日のうちに適切に実施されていることを確認しています。
引用:鳥取市ホームページ

ネットの反応

まとめ

島根、鳥取と山陰両県は高齢者の割合も高いので、感染拡大となると心配になります。

4月18日に鳥取市で感染が確認されたのは、NHKディレクター。

取材ロケでの感染の可能性があり、今後のテレビ局の対応次第ではロケ全面中止も十分に考えられると思います。

平井知事と鳥取市長で足並みを揃えて、コロナ封じ込めを頑張っていただきたいところ。

市民としては、各自でコロナ対策をしっかりやっていかなければなりませんね。

感染者の方の1日も早い回復を願っております。

関連記事
鳥取県米子市のコロナ感染者はBUZZ(バズ)関係か?感染経路と行動歴を調べました。
鳥取県初のコロナ感染者の60代男性とは。感染者の行動歴と症状の推移について調べました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました