北名古屋市済衆館病院、コロナ感染確認で病院業務はどうなる?病院の対応と看護師の状況を調べました。

新型コロナ関連
出典:済衆館病院公式

北名古屋市済衆館病院から看護師1名、患者2名の計3名の新型コロナウイルス感染者が発表されました。

日本各地で相次ぐ医療機関からの感染発表に、医療従事者、入院患者、通院患者は大きなストレスを抱えることになっています。

また、クラスターも各地で発生しており、多くの医療従事者が自宅待機を余儀なくされ本来受診できるはずの患者が出来なくなったり、新規の入院受付が出来なくなったりするという弊害も出てきています。

4月19日には愛知医科大学病院でも看護師の方のコロナ感染が確認されたというニュースがありました。

医療崩壊を招かない為にもコロナの疑いのある症状が出た場合は、安易に診療機関に行かず、まずは最寄りの保健所に連絡するようにしたいですね。

今回は北名古屋市済衆館病院でコロナ感染者が出たことによって病院業務がどうなるかを調べていきたいと思います。

済衆館病院の場所


医療法人済衆館 済衆館病院

住所:愛知県北名古屋市鹿田西村前111

最寄り駅:名鉄西春駅

済衆館病院でコロナ感染を確認

4月18日、救急受診された清須市在住の40代、80代男性患者2人の新型コロナウイルス感染。あわせて、病院職員1人の新型コロナウイルス感染が確認されました。

済衆館病院の対応

当院にて救急受診された患者様2名を新型コロナウイルス肺炎と診断し、転院搬送を行いました。その後、健康観察中の職員1 名の感染も確認されたため、清須保健所と連携をとり、感染拡大防止の対策を講じ、安全な医療の提供を継続するために当面の間(概ね1~2 週間)は当院での外来診療、救急対応、外来検査、放射線診断、外来リハビリテーション、入院、転院、転棟、手術等を原則として中止または延期させて頂いております。ただし、緊急を要する手術、外来透析、訪問看護、デイサービス等はこの限りではありません。
引用:済衆館病院公式

済衆館病院はコロナ陽性が確認された患者2人を別の病院へ転院させ、接触した職員を自宅待機としています。

1~2週間程度、外来や救急などの業務を中止、または延期するとしています。

なお、緊急手術や外来透析、訪問介護は継続して行うとしています。

済衆館病院は病床数369床の地域中核拠点病院。

規模の大きな総合病院なので、地域医療への影響が少なからず出てくると思われます。

コロナ感染が確認された看護師の状況は?

コロナ感染が確認された看護師についての情報は、自治体ホームページ、病院ホームページでも分かりませんでした。

NHKニュース、東海テレビ等の報道によると、50代の女性で4月8日にコロナ陽性が確認された50代患者と接触があったということです。

新しい情報があれば、追記していきたいと思います。

ツイッターの反応

まとめ

コロナ最前線で戦っておられる医療従事者の方々には本当に頭が下がる思いです。

以前、大阪吉村知事がツイートされていましたが、医療関係者の中には『遺書』を書いて仕事をされている方もおられるようです。

SARSウイルスの際も言われていましたが、新型コロナも物体表面からの感染も多いと考えられます。

外出時、色々なところを触った手で顔を触らないように気を付けたいですね。

医療現場の負担が少しでも軽くなるように、コロナ対策を意識してやっていきましょう。

関連記事
愛知県大府市が決めた独自休校延長の内容は?延長理由と期間中の学習方法を調べました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました