富山神明小学校でコロナクラスター発生か?学校の場所と感染者の状況を調べました。

クラスター感染
出典:ウィキペディア

富山市立神明小学校で新型コロナウイルスのクラスター発生が確認されました。

富山市立神明小学校をはじめ、富山市立小中学校は3月3日から感染拡大防止のために一斉休校となりましたが、3月16日に学校再開。

4月1日には「富山市内で生徒の感染が確認されていない」として、新学期と共に予定通り学校がはじまることとなりました。

しかし、4月7日に中学校の生徒が新型コロナに感染したことが分かり、4月13日から再度一斉休校となりました。

一連の富山市の休校措置対応をめぐっては、危機感の欠如といわれても仕方なく、ネット上では批判の声もあがりました。

生徒から一人の感染も出さないことを目標にして休校としたものを、生徒の感染が確認されていないとして学校再開。

富山市の決定権のある上層部は、このことのおかしさに気付かなかったのでしょうか。

命にも関わってくることなので、今後は危機意識をより一層高めていただきたいところです。

今回は、富山市立神明小学校で発生したクラスターで新型コロナ陽性が確認された感染者の状況を調べていきたいと思います。

富山市4月22日会見

富山市立神明小学校の場所


住所:富山県富山市高田147-2

富山市立神明小学校でクラスター発生

富山市教育委員会は22日、市立神明小学校の10歳未満の児童3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも15日に感染が確認された男児と同じクラスで、21日には担任の20代の女性教諭の感染も明らかになっている。同小では13日から臨時休校中だが、4月6日の始業式と8~10日に臨時休校に向けた登校日を設けており、市保健所は「この間に感染が広がり、クラスター(感染者集団)が発生した」として経緯などを調べている。
引用:朝日新聞デジタル

感染が確認された神明小学校4年生は1クラス19人。

4月15日に感染が確認されていた生徒の濃厚接触者として、担任を含むクラス全員にPCR検査を実施した結果、担任1人と生徒3人の陽性が新たに確認されることになりました。

厚生労働省によるクラスターの定義は、同じ場所から5人以上の感染となっています。

文部科学省によると、国内の小中学校でクラスターが確認されたのは初めてのことのようです。

コロナ感染の教員の状況

4月21日にコロナ感染が確認されたのは4年生担任20代女性教員で射水市在住。

4月15日にコロナ感染が確認されていた男子生徒の濃厚接触者としてPCR検査を受け、陽性が確認されました。

公共交通機関は利用せず自家用車で通勤、勤務中はマスクを着用されていたとのことです。

現在(4月22日時点)は発熱症状があるものの軽症とのことで、現在は指定医療機関に入院中となっています。

保健所によると、濃厚接触者となるご家族は3人となるようです

コロナ感染の生徒の状況

4月21日にコロナ感染が確認されたのは3人の生徒でいずれも富山市在住。

4年生の男子生徒1人、女子生徒2人となっています。

4月15日にコロナ感染が確認されていた4年生男子生徒の濃厚接触者としてPCR検査を受け、陽性が確認されました。

現在(4月22日時点)のところ、4人の生徒はいずれも無症状とのことです。

重篤症状の生徒がいないようで良かったのですが、生徒のご家族への感染が心配されます。

保健所によると、3人の濃厚接触者となるご家族は計13人となるようです。

ツイッターの反応

まとめ

小学校としてのクラスターは神明小学校が全国初となるそうです。

しかしこのクラスターは防げた可能性の高いクラスターです。

認識が甘かったでは、ご家族の方もやりきれない思いだろうと思います。

不要不急の外出は控えようという最中に整骨院に行って濃厚接触者となった長野市長の例もあります。

新型コロナウイルスに関しては命に係わる場合もある為、被害が出てから対応するのでは遅いです。

日本政府や公的機関の上層部の方々には、より一層危機意識を強く持っていただきたいところです。

個人レベルでもしっかりコロナ対策をやっていきしょう!

関連記事
富山市婦中デイサービスめぐみでコロナクラスター発生か?県、恵成会の謝罪会見をまとめました。
富山市デイサービスめぐみでコロナクラスター発生か?富山県、恵成会の謝罪会見をまとめました。
富山リハビリテーションホームでコロナクラスターの恐れ。場所と現在の状況を調べました。
富山市民病院のクラスターで理学療法士が新たにコロナ陽性。感染者の行動歴と病院の状況を調べました。</

コメント

タイトルとURLをコピーしました