フィロソフィー“Philosophy(18祭Mix)”リリース!アレキサンドロス[Alexandros]名前の由来やメンバー紹介など。

2020年おすすめバンド

今年デビュー10周年yearで、いま勢いがあって大人気のバンド[Alexandros](アレキサンドロス)。
18祭(フェス)のために書き下ろされた、新曲“Philosophy(フィロソフィー)(18祭Mix)”も、2020年1月13日(月・祝)成人の日にリリースされました。


関連記事:ランニングBGM、 TikTok人気曲5選!イヤホンランナーの注意点も調べました
「アレキ」「ドロス」という愛称で親しまれ幅広い年齢層のファンから支持されているアレキサンドロスの魅力とは?
経歴やメンバー、今後の活動について紹介したいと思います。

[Alexandros](アレキサンドロス)の名前の由来は?

結成は2001年で、本格的に始動したのは2007年。
当時のグループ名は、[Champagne](シャンペイン)
シャンペインはフランスシャンパーニュ地方名産のワインシャンパンの事で、ボーカルの川上洋平さんがシリアにいた頃のバンド名で「シャンパンのように音でみんなを酔わせたい」という意味から名付けられたのだとか。
2014年3月28日の初武道館ライブで[Alexandros](アレキサンドロス)に改名発表。
バンド名の改名の理由は、フランスシャンパーニュ地方のワイン生産同業組合日本支部からの使用自粛によるものだったそうです・・・
が、ボーカルの川上氏はこの改名を前向きに捉えて、バンド名が変わったからといって自分たちは変わらない、強いて言えばひとつ成長した、とコメントされています。
慣れ親しんだバンド名の改名にもこのプラス思考!
そして、相変わらず俺らは世界一になりたいと思ってそこだけは絶対崩れないように精進します、と言われています。
改名後のバンド名(アレキサンドロス)は歴史上のアレキサンダー大王からとったとも言われていますし、(Vo&Gt)川上氏は「“A”から始まる名前は並んだ時もさいしょに表記されるから」とも言われています。
世界を目指すことはブレずに、何事も前向きに捉えていけるところがいまの活躍にもつながっているのではないでしょうか?

これまでに[Champagne]名義で販売されていた作品は[Alexandros]名義で再発売されているようです。

メンバー紹介

川上洋平(かわかみ ようへい)
ボーカル&ギター
愛称は “ようぺ” “ようぺいん” “洋平先生” “よぺ” “洋平さん”など
1982年6月2日
バンドを立ち上げた張本人であり、実質的リーダー。
ほぼ全ての楽曲の作詞作曲を手掛ける

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ALEXANDROS

9歳から14歳まではシリアで過ごしていて英語を話せるが、両親が関西出身のため関西弁が混じることも。
大学受験はバンドデビューするためにミュージシャンを多く輩出する青山学院大学に進学されました。在学中のデビューは叶わず、広告代理店の営業をされていたことがあるそうです。

磯部 寛之(いそべ ひろゆき)
ベース&コーラス
愛称は “ヒロ” “ヒロさん” “ロイヤルスマイル””磯部先生”など
1987年12月29日

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ALEXANDROS

磯部氏も高校入学までの4年間をアメリカで過ごしていた帰国子女。
彼女との破局で落ち込んでいた時期に川上氏に誘われて[Champagne]に加入されました。
かなりのお酒好きであったり、時折「ロイヤルスマイル」と呼ばれる笑顔を見せてくれます(笑)
卒業後、国内メーカーに勤めていて福岡と東京を週末に行き来していたが、バンド活動を優先するために都内の会社に転職されたことがあるそうです。

白井 眞輝(しらい まさき)
愛称は “まーくん” “白井先生”
1982年12月12日

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ALEXANDROS

川上氏と同じ高校出身で、在学当時は一緒にOasisのコピーバンドを組んでいたそうです。
2007年に路上ライブをしていた川上氏と当時のメンバーに偶然再会して、[Champagne]にギタリストとして加入。
趣味はお菓子作り。
デビュー前は、事務職でデスクワークをされていて、運搬もしていたことがあるのだとか。

庄村 聡泰(しょうむら さとやす)
愛称は “サトヤス” “さっちゃん” “庄村先生” “だいじんさん”
1984年3月21日

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ALEXANDROS

前任ドラムスの石川氏の脱退後、ツアーのサポートメンバーとして帯同。ツアー終了後の2010年4月1日に正式加入されました。
加入前はショップ店員をされていたそうで、自宅には1000着を超える服をお持ちだそうです。
シンバルを非常に高い位置でドラミングするのが特徴的でファンも多かったが、2019年6月に「局所性ジストニア」の診断を受けて活動休止。2020年5月にリリース予定のベストアルバムを最後に“脱退”ではなく“勇退”することを発表されました。


サトヤスさんの勇退には沢山のメッセージが寄せられていて、ファンやメンバーから愛されていることが伝わってきます。才能豊かなサトヤスさんなので今後も違うかたちで活躍してもらいたいです!

まとめ

[Alexandros]はCM曲の「ワタリドリ」や18祭フェスの「Philosophy」が有名ですが、2020年5月にデビュー10周年企画のひとつとしてベストアルバムが発売されます!今年10周年を迎えた彼らがどんな面白い企画をされるかとても楽しみです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました