看護師がコロナ感染した守谷慶友病院はどこ?50代女性看護師の感経路と病院の対応を調べました。

新型コロナ関連
出典:e-aidem.com

茨城県守谷市、守谷慶友病院の50代女性看護師が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。

看護師の方は患者さんと一番密接に関わるので、日々危険と隣り合わせで勤務されていることだと思います。

病院内でのクラスターに発展しないことを願うばかりです。

今回は、50代女性看護師の方の状況と森谷慶友病院の対応を調べてみました。

守谷慶友病院の50代女性看護師が感染

茨城県は28日、50代の女性看護師が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は計162人(うち6人死亡)になった。
県によると、女性は美浦村に住み、守谷市の守谷慶友病院に勤務。同病院は、新型コロナ感染症患者を受け入れる協力医療機関で、女性は防護服を着て感染患者の看護にあたっていたという。

引用:朝日新聞

50代女性の方は、防護服を着て新型コロナウイルス感染者の方の看護にあたられていたにも関わらず感染されてしまいました。

看護する患者さんが高齢である場合などは、介護も必要となるためより濃厚接触になってしまったり、

防護服も着脱時に気をつけないとコロナウイルスが付着しているため感染リスクが高まってしまうようです。

一瞬の隙も許されないのが、とても怖いところです。

50代女性看護師の症状、感染経路は?

新型コロナウイルス感染症患者の発生について

新たに1名の方が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。
県内で新型コロナウイルス感染症の患者の発生が確認されたのは,162例目です。
本件について,濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を行っております。

1 患者の発生概要等
区分 患者の概要 症状・経過,行動歴
162例目
・年 代:50歳代
・性 別:女性
・居住地:美浦村
・職 業:看護師 (守谷慶友病院)
・4/27~ 微熱(37℃台) ,全身倦怠感 ・4/28~ 咳,咽頭痛,頭痛 PCR検査にて陽性が判明

*症状は軽症

2 今後の対応 ・濃厚接触者については,現在調査中です。
・引き続き,患者の濃厚接触者については,PCR検査及び健康観察を実施いたします。

引用:茨城県ホームページ

162
公表日4/28
年齢50代
性別
居住地美浦村
区分新規(渡航歴あり,県外感染疑い(帰省等),経路不明等)

引用:茨城県ホームページ

50代女性の症状は軽症だそうです。

一日も早く回復されることをお祈りいたします。

感染経路ははっきりしていませんが、院外感染の疑いがあるとのこと。

濃厚接触者については現在調査中とのことなので、クラスター感染にならないことを願うばかりです。

守谷慶友病院の対応

当院職員の新型コロナウイルス感染者の発生について
当院の職員1名に関し、新型コロナウイルス感染の事例が発生しましたので、お知らせいたします。
当該職員は新型コロナウイルス感染患者の担当看護師です。
4月2日(木)より新型コロナ感染者の担当を開始
4月24日(金)夜勤入り 新型コロナ患者の病室を担当
4月27日(月)出勤後、午後になり倦怠感が強くなり早退し受診、PCR検査を実施
4月28日(火)PCR検査陽性の報告があり、入院療養を行っています

引用: 守谷慶友病院ホームページ

50代女性は4月2日~24日まで、新型コロナウイルス感染者の担当をされていました。

全容の良くわからないウイルスと最前線で向き合って、毎日感染リスクを心配しながら看護しなければならないのは相当なストレスだと思います。

4月27日も午後から倦怠感が強くなって早退されているので、午前中も無理をして勤務されていた可能性もあると思います。。

森谷慶友病院の場所


茨城県守谷市立沢 980 1

森谷慶友病院の対応

現在、PCR検査を含め、厳重な調査を行っています。当該職員以外に感染を疑う職員はおりませんが、本日を含め3日間、入院患者さん及び救急車の受け入れを停止させていただきます。その後の対応につきましては4月30日に改めてお知らせ致します。
なお、外来診療においては現在のところ通常に行います。
患者さん、地域の皆様、お取引先様および全職員の健康と安全を何よりも最優先とし、適切に対応してまいります。
皆様にはご心配、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
令和2年4月28日

引用:守谷慶友病院

ツイッターの反応

まとめ

全国で、医療従事者、看護師の方の感染が増えてきています。

守谷慶友病院病院は地域の方からも愛されている病院のようで、もともと感染症指定医療機関ではなく、
新型コロナウイルス感染拡大により感染者受け入れに協力することになった感染症協力病院にあたるそうです。

(3)感染症協力病院(仮称)
新感染症,指定感染症,一類感染症及び二類感染症の集団発生等に際し,緊急避難
的に患者等の入院・医療を担当する感染症協力病院(仮称。以下「協力病院」という。)
を県医師会及び市郡医師会等の協力を得ながら確保する。

引用:茨城県ホームページ(茨城県感染症予防計画 ) 

 

病院の設備、医療従事者の方の準備も感染症指定医療機関と同じようにはいかない中での新型コロナウイルス感染患者さんの受け入れ、看護など、本当に頑張ってくださっていると思います。

一日も早く終息に向かい、全国の医療従事者の方が無事でおられることを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました