山梨20代女性帰省中にコロナ感染。待機命令無視の状況と特定の動きも出ているSNSの反応を調べました。

新型コロナ関連

東京都在住の20代会社員女性が、新型コロナウイルスに感染していたことが発表されました。

山梨県は2日、東京都内に住む20代の会社員女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
女性は県内の実家に帰省中、PCR検査を受け、結果が出るまで実家での待機を求められた。
しかし、その日の夜に高速バスで帰宅。その後、感染が判明した。県内の感染者は計55人となった。
県によると、女性は4月26日に味覚と嗅覚(きゅうかく)に異常が出た。28日まで都内の会社に出勤。
29日に新宿発の高速バスに乗り、富士急ハイランドバス停で下車、親族の車で帰省した。
30日には県内の友人宅で4人とバーベキューをした。帰省中に買い物にも出たという。

引用:朝日新聞

現在、緊急事態宣言の延長も調整されていて、不要不急の外出や移動、県をまたいでの帰省なども控えるよう全国的に求められています。

20代会社員女性は、帰省する前の東京にいる時から自覚症状があったようですが、どうしても実家へ帰らないといけない事情があったのでしょうか?

また、PCR検査の検査後に、(実家で)自宅待機と言われていたのに東京に高速バスを利用して帰られてしまいました。

20代会社員女性の行動に山梨県民も憤りを感じているようです。

今回は20代会社員女性の行動歴と山梨県の対応、SNSの反応について調べてみました。

山梨県の記者会見

20代会社員の行動歴については、詳細が発表されていることから山梨県が感染拡大の危機感を感じていることが伺えます。

女性が4月28日まで勤務していた東京の会社の同僚が新型コロナウイルスに感染されていたことから、

山梨県も20代女性は東京で感染した可能性が高いという認識だそうです。

20代女性感染者の行動歴、症状

感染者の状況

〇概要

・年齢  20代
・性別  ⼥性
・居住地  東京都
・生活  本県での滞在は、富士吉田市、鳴沢村、富士河口湖町
・職業  会社員

〇症状・経過

4月26⽇〜 味覚・嗅覚異常。
5月1⽇ 帰国者・接触者相談センターに相談。
5月2⽇ PCR検査の結果、陽性判明。
現在、⾃宅で待機中。現在の症状はなし。

〇行動歴(発症前2週間以内の渡航なし)

〜4月28⽇ 東京の勤務先に出勤。
4月29⽇ 高速バス(15:15バスタ新宿発⼭中湖旭⽇丘⾏、京王バス)
で県内の実家に帰省。(新宿で乗⾞、富士急ハイランドバス
で下⾞、親族の運転する⾃家⽤⾞で帰宅)
4月30⽇ 県内の友⼈宅でバーベキュー。
5月 1⽇ 高速バス(19:40⼭中湖旭⽇丘発バスタ新宿⾏、京王バス)
で帰宅。(富士急ハイランドバスで乗⾞、新宿で下⾞、徒歩
で帰宅)

5月2 日 高速バス(9:25 山中湖旭日丘発バスタ新宿行き京王バス)
で帰宅。(富士急ハイランドバス停で乗車、新宿で下車、徒歩
で帰宅)
※バスタ新宿行きの高速バス便に修正があります。

※その他は、現在調査中
・濃厚接触者 現在調査中

引用:山梨県ホームページ

現在、20代会社員本人は無症状とのことです。

今後、濃厚接触者については調査されるようです。

高速バスに一緒に乗っていた、行きの7人(運転手+乗客6人本人を除く)と、帰りの5人(運転手+乗客4人本人を除く)
についても調査中とのこと。

山梨県感染帰京女性はゴルフにも行っていた?特定騒動に発展している20代女性の新たに判明した行動歴を調べました。

20代女性、保健所に虚偽の説明をしていたことが判明

5月3日、女性が東京へ帰る高速バスの時間について、保健所の聞き取りに対して虚偽の説明をしていたことがわかりました。

虚偽の説明をしたり、陽性と知っていながら高速バスに乗車していたこと、実家の家族も同じく虚偽申告をしていたとのことでさらに非難の声が高まりそうです。

東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。

女性が虚偽の説明を保健所にしていた。

女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。

同県によると、女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。

その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。

2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。

県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかったと話している。

県の担当者は「この行為が周囲の人を危険にさらす行為だということを十分に理解してほしい。同じバスに乗車した人で健康状態に不安がある場合は最寄りの保健所に相談してほしいと話している。

引用:毎日新聞

山梨県で20代女性と接触のあった友人の感染も判明

4月3日、1日に女性と接触のあった山梨県の男性が、新型コロナウイルスに感染していたことも分かりました。

1日は女性がPCR検査を受けた日ですが、検査日に友人に会われていたそうです。

「自分は感染していない」という根拠のない自信が、周囲の迷惑に繋がる場合もあります。

今回感染が確認された男性はバーべーキューをしていた友人とは別だそうですが、今後家族や友人、県民の方へ感染が拡大しないことを願うばかりです。

東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日夜、女性が1日に会った県内の20代男性の感染が確認されたと発表した女性はこの日、PCR検査を受けていた。

女性は4月30日に友人宅で4人とバーベキューをしたが、この男性は別の知人という。県の新型コロナ対策特別チームは他の濃厚接触者や女性の行動履歴についてさらに調べている。

引用:産経新聞

〇概要

・年代:20 代
・性別:男性
・居住地:山梨県
・職業:調査中

〇症状・経過

5 月 3 日 55 例目患者の濃厚接触者として、PCR 検査の結果、陽性判明。

詳細は、現在調査中

〇行動歴(発症前 2 週間以内の渡航歴:調査中)

現在調査中

〇濃厚接触者 現在調査中

引用:山梨県ホームぺージ

ツイッターの反応


まとめ

今回感染された女性は自覚症状がありながら高速バスを利用して帰省し、帰省先での行動範囲も広く、個人的な判断が県をまたいで迷惑をかけてしまう結果となってしまいました。

本来ならGWで楽しみな予定があったはずの人達も、ウイルスの感染拡大を防ぐためには今が踏ん張りどころと理解して自粛をしています。

お出かけしたくなる陽気が続いていますが、不要不急の帰省や移動はいまは残念ながら辛抱です。

家にいてウイルスを広げなかった自分を褒めてあげましょう。

関連記事
山梨県でコロナ感染の保育園児(59例目)はどこの保育園?感染者の行動歴と症状を調べました。
山梨県感染帰京女性はゴルフにも行っていた?特定騒動に発展している20代女性の新たに判明した行動歴を調べました。
甲府共立病院看護師がコロナ感染?20代女性看護師の症状と病院の状況を調べました(会見動画有)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました