狛江市立駄倉保育園の保育士がコロナ感染?60代女性の行動歴と症状を調べました。

保育施設感染
出典:itot.jp

5月3日、東京都狛江市立駄倉保育園の60代女性保育士が新型コロナウイルス感染が確認されました。

駄倉保育園では、4月29日に1人目の感染が確認されており、今回の感染で2人目の感染となります。

保育園や幼稚園の先生の感染は全国各地で確認されています。

保育園や幼稚園は、その環境からクラスターに繋がりやすくなっており、小さなお子さんを持つご家庭の間には不安が広がっています。

これ以上感染が広がらないように願うばかりです。

今回は、コロナ感染が確認された駄倉保育園60代女性保育士の行動歴と症状を調べていきたいと思います。

狛江市立駄倉保育園の場所


住所:東京都狛江市岩戸北3丁目20−2

狛江駅にほど近い場所に位置しており、近隣には各種学校施設も比較的多いです。

狛江市立駄倉保育園60代女性保育士の行動歴・症状

1.年代:60代
2.性別:女性
3.居住地:東京都
4.勤務場所:市立駄倉保育園
5.経過
・4月13日(月曜日):勤務
・4月14日(火曜日):勤務
・4月15日(水曜日):軽い咳
・4月16日(木曜日):発熱
・4月17日(金曜日):咳のため医療機関を受診。レントゲン異常なし
・5月1日(金曜日):医療機関でPCR検査実施
・5月2日(土曜日):PCR検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判明
(※4月15日(水曜日)以降の当該職員の勤務日はありません。)
引用:狛江市ホームページ

60代女性保育士は、駄倉保育園までの通勤手段が自転車通勤とされているので地元の方のようです。

4月15日に軽い咳の自覚症状が確認されてからは勤務されていないとのことです。

駄倉保育園1人目の感染者の症状確認が4月25日となっているので、今回確認された女性の方が先に感染していた可能性も考えられます。

狛江市立駄倉保育園の対応

駄倉保育園は4月30日に園の消毒を行い、当面の間、閉鎖するとのことです。

緊急事態宣言発令に伴い、狛江市内の保育園は緊急時特別保育を行っていました。

その緊急時特別保育が再延長されることになりましたので、期間をご確認ください。

再延長期間:5月11日(月曜日)~5月30日(土曜日)

保育園コロナに対するツイッターの反応

まとめ

保育園での感染はクラスターに繋がりやすいので、保育士の方々は勤務前の健康チェックは念入りにされていると思います。

駄倉保育園でも自覚症状を確認されてから、すぐにお休みをとっておられたようなので、これが感染拡大防止の一助になっていればと思います。

マスクをすぐに外してしまう子供のコロナ対策は難しいですよね。

日本全国のお父さん、お母さんは悪戦苦闘しています。

まずは慣れてもらうところから。

外出時にはマスクをつける習慣をつくれると良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました