マカロニえんぴつのメンバー紹介。最新CMタイアップ曲とライブ情報。

2020年おすすめバンド

マカロニえんぴつは、2012年に神奈川県の洗足学園音楽大学で結成された4人組のポップロックバンド。

口コミやSNS等で少しずつ広まっていましたが、2018年10月にTBSテレビ「王様のブランチ」10月度エンディングテーマに採用されてから徐々に注目が集まる。

2019年には2月にマクドナルドCMの為に書き下ろした『青春と一瞬』が話題となり、同11月に発売されたミニアルバム『season』がオリコン最高位5位となりました。

マカロニえんぴつはユニコーンから大きな影響を受けているようで、どこか懐かしさを感じる楽曲が多く感じます。

また、共感性が高いといわれる歌詞も魅力のひとつ。

なお、“マカロニえんぴつ”という不思議なバンド名については“はっとりさん”がツイートしています。

マカロニえんぴつ メンバー

はっとり:ギター&ボーカル

通称「はっとり」(画像右上)。

マカロニえんぴつのほぼ全ての楽曲の作詞、作曲を担当しています。

本名は『河野 瑠之介(こうの りゅうのすけ)』さんというお名前で、“はっとり”ではありません。

“はっとり”という名前はユニコーンのアルバム『服部』に由来する高校時代からのあだ名だそう。

ちなみにユニコーン奥田民生の大ファン。

大学に入ってからも“はっとり”を自称していたため、メンバーは本当に「服部」という苗字であると思い込んでいたそうです(笑)

高野賢也:ベース&コーラス

通称「けんけん」(画像左上)。

アニメ大好きなアニヲタで、メンバーからは「アニメに関して検索するよりこいつに聞いた方が早い」と言われるほど。

ツイッターにもちょくちょくアニメの話題が出ており、本当に沢山観てます(笑)

はっとりさんと共に作曲を担当していたサティさん(ドラム)が2017年に脱退してからは作曲にも参加。

『二人ぼっちの夜』、『イランイラン』は作詞:はっとり、作曲:高野賢也 となっています。

田辺吉明:ギター&コーラス

通称「よっちゃん」(画像左下)。

メンバー中で最年長の30歳。ハードロックやヘヴィメタル好き。

革ジャンに茶髪。愛用のギターはフライングV!

大のハードロック好きのギター小僧だったそう。

楽曲中では、俗に「泣き」と呼ばれているギターソロを弾くことが多いそうです。

マカロニえんぴつの“アニキ”!。

長谷川大喜:キーボード&コーラス

通称「大ちゃん」(画像右下)。

マカロニえんぴつの特徴の1つでもあるキーボード担当。

“大ちゃん”はメンバー唯一の電子オルガンコース出身になります。

他のメンバーは全員ロック&ポップスコース出身。

画像から滲み出る“良い人オーラ”。

雰囲気だけで癒しをもたらす!

ジャズ好き。

マカロニえんぴつ CMタイアップ曲

青春と一瞬/マクドナルド


2019年2月に公開されたマクドナルドのCM“500円バリューセット『こんな時間が、ゴチソーだ。』”の為に書き下ろされた「青春と一瞬」。
出演しているのは今や様々な映画、ドラマで活躍中の、森 七菜さん(出演当時は現役女子高生)。

誰しもが一度は17歳だった。そして、誰かが今日も17歳だ。希望に満ちたその美しい年頃はときに「青春」と呼ばれるが、当時の自分にとって青春は限りなく絶望に近かった。
退屈で退屈で、なのにその向こう側へ行くことは許されず。「大人になりたいなら大人しくしなさい」と大人に言われているようで悔しかった。
だから夢中で恋をしたし、隠れてアルバイトをしたり美しい文学を無理やり頭に詰め込んだりギターを弾いたり、友だちと授業を抜け出して(笑えるくらい小さな)旅に出たり、とにかく退屈の向こう側へ行くことだけで頭が一杯だった。
思えば、あの果てしない退屈を全身で愛していたんだと、気付いたのは大人しい大人になってからだった。
青春はあまりに一瞬で、どの17歳もその無意味な希望には気付けない。

引用:はっとりさんコメント


関連記事:森七菜 ラストレター主題歌『カエルノウタ』でCDデビュー!感想やMV出演作品の紹介

恋人ごっこ(歌詞有り)/HONDA


2020年2月7日から先行配信されている“恋人ごっこ”はHonda「バイクに乗っちゃう?」のタイアップソング。
恋人ごっこ”は4月1日にリリースされるアルバム『hope』の収録曲。
TVドラマ“ホームルーム”にヒロイン役で出演している女優、秋田汐梨さんが出演。
はっとりさんも恋人役で出演しています。

「ただいま」またここに帰って来て、少し違ってやっぱり変わらないさよならを何度も。
「あたしね、もし猫を飼ったら、もう会わないかも」
離れられないのに離れないといけない恋人たちがいる。思い出にしないために忘れないといけない恋がある。

引用:はっとりさんコメント

マカロニえんぴつ ライブ情報

マカロックツアーvol.9 〜Saucy Dogと東名阪ドッグラン!篇〜
2020年2月19日(水) LIQUIDROOM(東京)

関連記事:SaucyDog(サウシードッグ)に注目!代表曲『いつか』の舞台解説、歌詞の裏話も

Saucy Dogの石原慎也さんとは仲が良い様子♪

マカロックツアーvol.10 〜わずかな希望を探し求める者たちよ篇〜

2020年4月18日(土) なんばhatch(大阪)
2020年4月19日(日) 高松オリーブホール(香川)
2020年4月24日(金) KT Zepp Yokohama(神奈川)
2020年4月29日(水) Live House浜松窓枠(静岡)
2020年5月1日(金)  B.9 V1(熊本)
2020年5月2日(土)  DRUM LOGOS(福岡)
2020年5月9日(土)  NEXS NIIGATA(新潟)
2020年5月10日(日) EIGHT HALL(石川)
2020年5月21日(木) Sound lab mole(北海道)
2020年5月24日(日) 仙台darwin(宮城)
2020年5月26日(火) Club Change Wave(岩手)
2020年5月31日(日) LIVE VANQUISH(広島)
2020年6月5日(金)  DIAMOND HALL(愛知)
2020年6月13日(土) 豊洲PiT(東京)

まとめ

マカロニえんぴつの曲は老若男女問わず受け入れられると思っています。

新しすぎず、かといって古くもなくて、すんなりと耳に入ってきます。

作詞作曲をしているはっとりさんは独特な感性の持ち主でとても面白い方なんですが、素敵な楽曲ばかりです。

直近のアルバムはかなり売れていて、通販サイトではなんとプレミアム価格になっています!

2020年はマカロニえんぴつのさらなる飛躍の年になりそうなので、引き続き注目していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました