自粛警察(ポリス)の心理とは?意味と事例、他県ナンバー狩りとは何か調べました。

新型コロナ関連

最近、ネットやテレビでも話題になっている「自粛警察(ポリス)」「他県ナンバー狩り」

ツイッターでも#自粛警察#自粛ポリス#他県ナンバー狩りがトレンド入りしました。

長引く自粛生活で、みんなが多少なりと疲れやストレスを感じている時期だと思います。

なかなか思うように出かけられない家での時間を、それぞれ工夫しながら過ごされているのではないでしょうか?

しかし「自粛警察」として、飲食店やライブハウスに張り紙をしたり、他県ナンバーの車に対しての投石や煽り運転、感染者に対しての嫌がらせなど、度を越した行為をする人たちも出てきました。

他にも、子供が公園で遊んでいたら怒鳴られた、子連れで散歩していたら通報された、など身近でも起こりうるケースもあります。

「自粛警察(ポリス)」の行動はメディアを通じて全国民の知るところとなり、海外メディアにまで取り上げられています。

出来る事なら「自粛警察」には遭遇したくありませんが、これから自粛が段階的に解除されることになる場合、他人事ではなくなるかもしれません。

今回は、「自粛警察」と呼ばれている人たちの行動や事案について調べてみようと思います。

自粛警察(ポリス)とは

同志社大学政策学部教授の太田肇氏による「自粛警察(ポリス)」の考え方。

新型コロナウイルスの蔓延により長引く自粛生活で、国民のイライラが募ってきた。それをぶつける先が、世間で「悪者」扱いされている人たちだ。

中略

それが相手の人権や営業権を侵害し、暴行罪や脅迫罪、名誉棄損などにつながる行為だという自覚はない。公園に子どもを連れて行っただけで警察に通報する人や、マスクをかけずに歩いていると絡んでくる人もいるそうだ。
力づくで自粛させ、要請に従わない者を取り締まろうとする自粛警察」は、新型コロナウイルスがもたらしたもう一つの恐怖だといえるかもしれない。
引用:NEWSポストセブン

人は自分の価値観や行動規準に合わないものを排除することによって心の安定を保とうとする。また共通の敵を見つけ、一緒に攻撃することで仲間どうしの結束を強めようとする。そこに「正義」という後ろ盾があり、「正しいことをしている」という思い込みがあれば良心の呵責はなく、他人の攻撃にブレーキがかからない。「正義中毒」と呼ばれるように、正義感の暴走は一種の病理現象である。
引用:NEWSポストセブン

自粛警察(ポリス)とは、力づくで自粛させ、要請に従わない者を取り締まろうとする人のことであるそうです。

正しいことをしているという正義感からの行動なので、同じ人が何件も通報していることもあるとか。

メディアが自粛警察を大きく取り上げたことで、その行動に拍車がかかってしまったことも否めません。

若い人から高齢の方まで幅広い年代の方が、気づかないうちに自粛警察となってしまっています。

自粛警察(ポリス)の飲食店やライブハウスに対する行動

先日、東京・高円寺界隈のライブハウスや飲食店など数店舗で、張り紙、ガラスを割られるなどの被害を受けている様子がテレビで流れていました。

取材に応じていた飲食店・ライブハウスは、都の要請に従って営業時間を守っていたり、休業していたにも関わらず被害に遭われており、経営者の方もつねに誰かに見張られているようで怖いと言われていました。

緊急事態宣言も長期化してくると、生活が掛かっている経営者の人達にとっては、お店を開けるのも閉めるのも命がけであることが伺えます。

自粛警察(ポリス)の感染者やその家族に対する行動

感染したくて感染してしまった人はいませんが、「自粛警察(ポリス)」は感染者の行動歴に注目してるようです。

「他人に迷惑をかけるな」とは、日本人に古くからある美徳の一つとして挙げられます。

しかし、その考えがある為に「他人に迷惑をかけた人」は攻撃対象になってしまいます。

不要不急の外出で感染を拡大させた方、虚偽の報告で自己保身を図った方等は、「他人に迷惑をかけた」と見なされ、執拗な攻撃(住所特定等)を受けるケースが発生しています。

他県ナンバー狩りとは

感染者が比較的少ない地方では、他県ナンバーの車に対しての投石や煽り運転が問題となっているようです。

他県ナンバー狩りをしているのも「自粛警察(ポリス)」です。

「地元を守りたい」という地元愛からくるものだと思いますが、たまたま仕事で来ていたり、転勤で住んでいる人達にとってはいい迷惑となっているようです。

他県出身者が多く集まっている大きな製造業勤務の方は、外出にも気を遣わなければならない状況だそうです。

ついには自衛のための住民ステッカーなるものも誕生しました。

日本赤十字社「ウイルスのつぎにやってくるもの」

少し前からCMでもながれているこちらの動画。

日本赤十字社も、ウイルス以外の精神的な面での影響に警鐘を鳴らしています。

ツイッターの反応


まとめ

怒りの感情の裏側には不安寂しさ心配分かってもらえないなどの感情が隠れているそうです。

「自粛警察」の人からしてみると、正義感で注意をしてあげている感覚なのかもしれません。

ともあれ、器物破損や頻繁な通報で警察の方の公務が増えてしまったり、不安なままお店を営業しないといけない状態になるのは、他の住民の方も困りますね。。

最近は自粛警察を探したり通報する、『自粛警察狩り』も現れている模様です。

しかし、悪い面ばかりではありません。

休業要請の中、営業していたパチンコ店が実名報道されるたにも関わらず営業を続けるといったモラルに欠ける事例が全国で相次ぎました。

そんな時、「自粛警察」は電話で猛抗議を繰り返し、外では横断幕を持って抗議。

そして、店舗は営業を続けられなくなり休業に追い込まれたという事例もあります。

日本は外国のように強い罰則を設けることなく、政府や自治体からのお願いだけで外出率、感染者数が減少してきています。

一日も早く収束、そして終息へ向かうことを願います。

このままもうしばらく頑張ろう、日本!

コメント

タイトルとURLをコピーしました