富山市の銭湯「立山鉱泉」をコロナ感染男性が利用。銭湯の場所、利用日、自宅待機無視の経緯を調べました。

新型コロナ関連
出典:twitter.com

富山市の銭湯「立山鉱泉」をコロナ感染男性(利用時は自宅待機要請中)が利用していたことが分かりました。

富山市は同じ時間帯に銭湯にいた人は感染の恐れがあるとして、該当日の利用客に対して保健所に連絡するように呼び掛けています。

5月10日時点の富山県感染者数は累計で221人。

富山市としても感染拡大を防ぐ為に銭湯の実名公表をしたものと思われます。

富山リハビリテーションホームや富山市民病院では大規模なクラスターが発生しており、新たなクラスターに繋がりかねない今回の件には神経を尖らせているように見えます。

今回は、新型コロナウイルス感染者が利用した富山市内の銭湯「立山鉱泉」の場所、男性の利用日、自宅待機無視の状況について調べていきたいと思います。

富山県・市5月10日合同記者会見

銭湯「立山鉱泉」の場所



住所:富山県富山市中島3丁目8−33

銭湯「立山鉱泉」には、「デイサービスおあしす」「おかざき接骨院」が隣接しています。

また、目と鼻の先に「富山市立奥田北小学校」があります。

コロナ感染男性が自宅待機要請を無視して“銭湯「立山鉱泉」”を利用

9日に新型コロナウイルス感染が確認された50代の男性会社員が、富山市の公衆浴場を利用していたことがわかりました。県と富山市は同じ時間帯に施設の男性浴場を利用した人は帰国者・接触者相談センターに連絡するよう呼びかけています。
引用:チューリップテレビ

5月3日に50代男性のご家族である80代男性のコロナ感染が確認されました。

5月3日以降、50代男性は感染者の濃厚接触者として、富山市から自宅待機を要請されていました。

5月7日に銭湯を利用され、5月8日に咳症状が出た為にPCR検査を受けられています。

会見によると50代男性は悪気は無く、日ごろから“立山鉱泉”を利用されており、ついうっかり行ってしまったと話されているようです。

今は平時ではなく、非常時なので、軽はずみな行動で当事者意識が欠けていたと言わざるを得ません。

富山市は濃厚接触者の行動確認をされていなかったのでしょうか。

個人個人で新型コロナウイルスに対する認識に差があることは分かっているので、大変かもしれませんが何日か置きに行動確認の連絡をする等の対策は考えておかれた方が良いのではないかと思われます。

島根県松江市では濃厚接触者が自宅待機期間中に外出し、そこで接触を持った1人が感染、さらにその同居家族一家3世代全員が家庭内感染してしまったという事例が発生しています。

この事例では松江市は濃厚接触者の行動確認をあまりしておらず、自宅待機は濃厚接触者任せであったことが分かっています。

感染拡大防止の為に、濃厚接触者の行動確認は各自治体でしっかり行っていただきたいです。

50代男性会社員が銭湯を利用した日・時間帯

・5月7日(木)・・・午後4時~5時

・5月9日(土)・・・午後5時~5時45分頃

富山市は、上記の時間帯に立山鉱泉を利用した方(男湯)に対して、保健所の帰国者・接触者相談センターに連絡するよう呼び掛けています。

該当される方に対しては、症状の有無にかかわらずPCR検査を実施するとしています。

施設の消毒は5月9日に終えているとのことです。

ツイッターの反応

まとめ

自宅待機要請を無視して外出してしまった方、実はこの方以外にも大勢おられるのではないでしょうか。

今回陽性が確認された50代男性はついうっかり銭湯に行かれたとのことでした。

結果、銭湯や利用客に甚大は影響が出ることになりました。

新型コロナウイルスを風邪程度に考えられている方は結構おられると思います。

さらなる感染拡大を防ぐべく、濃厚接触者に対する保健所の指導をより一層徹底していただきたいですね。

関連記事
富山市婦中デイサービスめぐみでコロナクラスター発生か?県、恵成会の謝罪会見をまとめました。
富山神明小学校でコロナクラスター発生か?学校の場所と感染者の状況を調べました。
富山リハビリテーションホームでコロナクラスターの恐れ。場所と現在の状況を調べました。
富山市民病院のクラスターで理学療法士が新たにコロナ陽性。感染者の行動歴と病院の状況を調べました。</

コメント

タイトルとURLをコピーしました