初切で人気の高田川部屋の力士勝武士(末武清孝)が新型コロナで死去。ツイッターの反応まとめ(動画あり)。

新型コロナ関連

5月13日、新型コロナ感染の高田川部屋の勝武士(末武清孝)が逝去されたという大変悲しいニュースが流れました。

勝武士は初切(しょっきり)の名手としても知られており、人気の力士でした。

まだ28歳と大変お若くて逝去されるには早すぎると、ネット上は悲しみに包まれています。

今回は、新型コロナウイルスで逝去された高田川部屋、勝武士(末武清孝)に対するツイッターの反応をまとめていきたいと思います。

高田川部屋の勝武士(大森清孝)が死去

日本相撲協会は13日、新型コロナウイルスに感染し、治療を受けていた高田川部屋所属で西三段目82枚目の勝武士幹士(しょうぶし・かんじ 本名末武清考さん=すえたけ・きよたか)が同日午前0時30分、コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため亡くなったと発表した。28歳だった。4月10日に新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性が判明し、相撲協会員で初の感染が確認されていた。
引用:gooニュース

勝武士(大森清孝)の症状推移

関係者によれば勝武士は4月4日に体調を崩し38度台の熱が続き、師匠の高田川親方(元関脇・安芸乃島)らが保健所に電話を掛けたもののつながらなかったという。近隣の複数の病院に相談したが、医療機関がみつからず、8日に熱が下がらず血痰(けったん)出るなどしたため、救急車で搬送された。
しかし、すぐに受け入れ先が決まらず夜になって都内の大学病院に入院した。新型コロナウイルスの簡易検査の結果は陰性だったが、9日に体調が悪化したため別の病院に移り、10日のPCR検査で陽性と判明。19日に症状が悪化したことで集中治療室(ICU)に入っていた。
引用:gooニュース

記事によると、発熱症状がでた4月4日~5日に親方が各所に連絡をとるも医療機関がみつからず、8日に救急搬送されたとのこと。

丁度この頃は感染者数がかなり増加しており、医療機関がひっ迫していた時期と重なります。

ここで少しでも早く処置が出来ていれば、と悔やまれます。

8日の時点で血痰が出る状況で、19日に集中治療室に入られたということは、かなり頑張られたのだと思います。

相撲協会の八角理事長は、勝武士の1か月以上の闘病生活に対して、力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれましたとコメント。

厚生労働省によると、日本国内において20代の新型コロナウイルス感染者による死亡は初めてとしています。

勝武士の初切(しょっきり)

初切(しょっきり)とは、相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する余興。

現代では、プロレスのまねをしたり(行司をノックアウトも)、小道具を使ったりと、身体を張って笑いを取りにいっています。

いかに笑を取りに行くかということに対して、力士はかなり真剣に取り組まれています。

勝武士は初切を通して知っている方も大勢おられるようです。

会場を笑いに包む、とても愛されていた力士でした。

ツイッターの反応

まとめ

ツイッターの反応から、勝武士はとても愛されていた力士だと伝わってきます。

悲しみの声と、医療体制に対する憤りの声がほとんどでした。

今後、徐々に医療体制は見直されていくと思われますが、医療従事者の感染も相次いでいる状況です。

まずは、私たちが感染しないように気を緩めずにコロナ対策をしていきましょう。

それが医療機関を助けることにつながります。

急な逝去に気持ちが追いつきませんが、心よりご冥福をお祈りします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました