ネコ同士の新型コロナ感染を確認と東大チームが発表!?ネコの症状、飼い主の注意点についても調べました。

新型コロナ関連

ネコ愛好家の方にとって考えさせられるニュースが飛び込んできました。

これまで、ニューヨークやベルギー、武漢では、人から飼い猫へのコロナウイルスの感染が確認されていました。
(ニューヨークの動物園では、ネコ科であるトラやライオンの感染も確認。)

感染してしまうとネコも咳など呼吸器に関わる症状が出るそうで、大切な家族であるペットが感染してしまうことは飼い主にとってもつらいですし、自分も感染している場合はどうしてよいか分からない状態になってしまうと思います。

この度東大の研究チームは、猫同士でも感染するかどうかを確かめる実験を実施され、

ネコからネコへ感染することが確認されたそうです。

今回は東大チームのネコの実験に関する結果と、飼い主が気をつける事などについて調べてみました。

東大研究チームが、ネコ→ネコへの感染について実験

東京大学の河岡義裕教授らの研究チームは、ネコの間で新型コロナウイルスが感染することを確かめた。実験で使った6匹のネコはいずれも症状は出なかった。これまでにも人からネコにうつる可能性が指摘されており、飼いネコを屋外に出している人は注意が必要だ。

(中略)

1辺50センチメートル~1メートルのおりにネコを2匹ずつ入れて実験した。一方のネコにだけ人から採取した新型コロナウイルスを接種して感染させ、換気のよい部屋で飼育した。
6日後には全てのおりで、もう一方のネコから新型コロナウイルスを検出し、感染を確認した。それぞれのネコは感染から5~6日たつと、ウイルスを検出できなくなった。ウイルスの量が大幅に減ったためと考えられるという。
河岡教授は「ネコは仲がいいとくっついてじゃれ合う。実験のような環境は実際に起こりえる」と話す。ネコから人に感染する可能性や、ネコが重症化する可能性は「まだ報告例がなく分からない」(河岡教授)。

引用:日本経済新聞

実験では、新型コロナの患者さんからの採取したウイルスにさらされたネコ3匹を観察し、3日以内にすべてのネコからウイルスが検出されたのちに、他の未感染のネコ3匹と同居させて、2匹ずつ3つの部屋に分けて観察する実験が行われました。

未感染で後から同居した3匹は、それぞれ6日以内に感染が確認されたようです。

今回の実験ではネコに症状は出ていないようで、ネコが重症化する可能性や、ネコから人への感染の可能性はまだわからないとのことですが、人からネコへ感染することと、屋外に新型コロナに感染しているネコがいた場合、接触したネコも感染するリスクがあることがわかりました。

飼い猫を屋外に出している方、日中だけ飼い猫を外に出している方は、新型コロナウイルスが流行している時期などは特に注意しておく必要があるかもしれません。

飼い主が気をつける事

河岡教授は「新型コロナウイルスに感染した人は飼いネコを外に出さないようにし、あまりネコを触らないようにしてほしい」と言う。

引用:日本経済新聞

現在のところ、厚生労働省のHPでは「新型コロナウイルスがペットから人に感染した事例は報告されておりません。」とされており、ネコから人への感染の可能性もまだわかっていません。

もしも自分が新型コロナウイルスに感染してしまったら、

飼い猫を外へださない、触らない。

新型コロナウイルスの流行時はなるべく飼い猫を外に出さないこと。

これが大切のようです。

中国では、ネコやフェレットは新型コロナに感染しやすく、イヌは感染しにくいという研究論文も発表されているようなので、動物によっても感染リスクに差があるのかもしれません。

新型コロナとは別の猫コロナウイルス(猫伝染性腹膜炎)

今回流行している新型コロナウイルスとは違うようですが、もともと猫コロナウイルスと言われている「猫伝染性腹膜炎」という感染症があるそうです。

新型コロナウイルスと間違えてしまいそうですが、この猫コロナウイルス(猫伝染性腹膜炎)は発症すると数日~数ヶ月という短期間で猫が死に至る怖い病気なのだそうです。

猫伝染性腹膜炎(ねこでんせんせいふくまくえん、feline infectious peritonitis;FIP)とは猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)を原因とするネコの症状。感染はしない。猫の80%が感染していると言われている猫腸コロナウイルスの変異型だが、現在の抗体検査、遺伝子検査の精度では区別ができない。抗体価が高いこととFIPの発症には、直接の関係はない。 遺伝子検査で、腸粘膜でしか繁殖しない猫腸コロナウイルスが、腸以外(腹水、胸水)から検出した場合FIPと考えられる。

(原因)

猫伝染性腹膜炎ウイルスはコロナウイルス科コロナウイルス属に属する。犬コロナウイルスや豚伝染性胃腸炎ウイルスと血清学的に交差する。このウイルスは、通常自然界には存在せず、猫腸コロナウイルス(Feline Enteric Coronavirus FECV)という病原性に乏しいウイルスが、ある時、猫の体内で突然変異したものである。 なお、発症した猫からほかの猫へFIPウイルスが感染することは、事実上ないようである。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ツイッターの反応

まとめ

ネコを屋外で飼われている方は、ネコが外で過ごせなくなるストレスの心配もあったり、大切なネコを守るために飼い主さんも臨機応変な行動が必要となってきそうです。

ペットも大切な家族で、同じ命です。

大変な時期ではありますが、家族同様、命を守る行動を取ってあげたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました