元気会横浜病院でコロナクラスター(集団感染)発生か?職員、患者の感染状況について調べました。

クラスター感染
出典:medicalnote.jp

神奈川県、元気会横浜病院で新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生したことが話題となっています。

全国で緊急事態宣言が解除・緩和される中、神奈川県は緊急事態宣言継続となりました。

神奈川県内では元気会横浜病院以外でもクラスター(集団感染)が相次いでおり、神奈川県黒岩知事も県民に対して引き続き、外出自粛」「3密を避ける」「県域を超える移動の自粛を要請しています。

全国的に緩んだ雰囲気になっていますが、韓国で感染第2波が問題となっているようにまだまだ油断は出来ません。

感染が再び蔓延しないように自己防衛の意識を持っていきましょう。

今回は、新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生した、元気会横浜病院の状況を調べていきたいと思います。


5月15日、神奈川県黒岩知事からのメッセージ

元気会横浜病院でクラスター(集団感染)発生

当院における新型コロナウイルス感染症発生に関するお知らせ(第3報)

すでに当院ウェブサイトにてお知らせのとおり、5月9日以降、入院患者様2名及び当院職員2名の合計4名について新型コロナウイルス感染症陽性と判明しておりましたが、12日及び13日にPCR検査を合計66名(その内訳は入院患者様29名、当院職員37名)に追加実施いたしました結果、新たに入院患者様4名及び当院職員5名の合計9名につき新型コロナウイルス感染症陽性であることが確認されましたので、お知らせいたします。
15日16時現在、当院内において13名の方の新型コロナウイルス感染症陽性が確認されていますが、これまでに陽性と判明した入院患者様6名のうち4名の方におかれましては、当院から他の専門医療機関へ転院となっており、残りの2名の方は当院の病室において隔離対応にて入院いただいております。また、同じく陽性と判明した当院職員7名については療養・経過観察中です。
引用:元気会横浜病院

元気会横浜病院では、5月9日に新型コロナウイルス感染者が確認されてから相次いで感染者が確認されています。

新たに職員・患者の感染者が9人確認されたことで、同病院に関連した感染者が13人となり、クラスターの定義を満たすことになりました。

元気会横浜病院の状況推移

5月 9日 当院職員1名 新型コロナウイルス感染症陽性と判明
5月10日 入院患者様1名 新型コロナウイルス感染症陽性と判明
5月11日 合計21名の方にPCR検査を実施
5月12日 入院患者様1名及び当院職員1名 新型コロナウイルス感染症陽性と判明
合計32名の方にPCR検査を実施
5月13日 入院患者様4名及び当院職員4名 新型コロナウイルス感染症陽性と判明
合計34名の方にPCR検査を実施
横浜市医療安全課、緑区役所が来訪し聞き取り調査を受ける
5月14日 当院職員1名 新型コロナウイルス感染症陽性と判明
合計26名の方にPCR検査を実施(再検査となる2名を含む)
横浜市医療安全課、緑区役所が来訪し対応方法について協議
引用:元気会横浜病院

元気会横浜病院では、5月9日から毎日感染者が確認されている状況で、今後も感染者が増加する可能性があります。

元気会は感染拡大を受けて、より一層の感染予防策の徹底、職員・患者の高頻度接触面(ドアノブ等)の1日3回の消毒等、他にも様々な対策をとられています。

感染された方々の一日も回復を祈ります。

元気会横浜病院の場所


住所:神奈川県横浜市緑区寺山町729

ツイッターの反応

まとめ

元気会横浜病院で発生したクラスターの状況等をまとめていきました。

神奈川県は全国トップクラスで院内感染が発生しています。

1人も院内感染を出さなかった自衛隊病院はどのように動線を確保して治療にあたっていたのでしょうか。

街中での感染は減少傾向なので、これからどうやって院内感染を防いでいくかが緊急事態宣言解除のカギとなりそうですね。

引き続き、気を緩めることなくコロナ収束に向けてしっかり自己防衛していきましょう。

関連記事
湘南(片瀬海岸)に県内外から観光客が殺到で渋滞発生?!コロナ自粛の反動で第2波を心配する声多数!
高崎市で30代男性会社員がコロナ感染!通勤で新幹線、在来線を利用?男性の行動歴、症状を調べました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました