検察庁法改正案見送りでどうなった?焦る立憲枝野議員と冷静な自民世耕議員!一連の経緯をまとめました。

政治ニュース

日本全体を巻き込んだ検察庁法改正案反対の大合唱。

多くの著名人、検察現役・OB、国民等の600万を超えるツイートの結果、検察庁法改正案は見送られることになりました。

しかしSNS上は不思議なほど静かで、なぜか野党立憲民主党の枝野議員が焦っているように見えます。

そして、与党自民党の世耕議員が余裕を感じさせる冷静な発言。

「あれ?なんで??」と、どこか様子がおかしいと思った国民は多いはず。

なぜ、検察庁法改正案が見送りになったことで、一見勝ちに見えた立憲民主に焦りが見えるのか一連の経緯を調べてみました。

自民世耕議員の検察庁法改正案見送りに対するコメント

自民党の世耕弘成参院幹事長は19日の記者会見で、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案の今国会での成立が見送られたことについて「国民の理解を得られないまま、法案審議は進めるべきではないという政府・与党の判断が行われた。逆に立ち止まって考え直すいい時間ができたと思う」と述べた。

一方、世耕氏は「雇用環境が厳しくなっている中、国家公務員や地方公務員だけ給料も下がらずに定年延長されていいのか、しっかり考えなければいけない」と指摘。「それだけの仕事があるなら、雇用を失った若い人らを採用することも考えていかなければいけない」と強調した。
引用:産経新聞

あえてこれまでは、閣議決定され、(自民党)総務会で私も了解した法案であったから言ってこなかったが、そもそも国家公務員、地方公務員の定年延長は人手不足の経済環境、雇用環境を前提に議論されてきたテーマだ。いまその前提条件が大きく変わった。

今回、継続審議となったことを契機に、その点もしっかり議論し、国民の理解を得られるのか(考えるべきだ)。秋の(臨時)国会で議論と言われてるが、秋は新型コロナの影響を受けて雇用環境が本当に厳しくなっている時期。そういった時期に国家公務員の定年を5年も延長する、地方公務員の定年を延長する議論が本当に成り立つのか。しっかり考えていく必要がある。(19日の記者会見で)
引用:朝日新聞

今国会で成立を断念することになったのは、検察官を含む国家公務員の定年を延長する法案、検察官の定年引上げとともに、国家公務員の定年引上げごと成立が見送られることになりました。

自民党世耕弘成参院幹事長の立ち止まって考え直すいい時間ができたと思うと余裕を感じられる返しに、ネット上では皮肉が効いているという声も。

改正案見送りで立憲民主党枝野議員が焦る


著名人や大手メディアを巻き込んで大騒ぎし、検察庁法改正案が見送りになったことに対する勝利宣言とも言えるツイート。

しかしその後に、「私たちが言っていたのはそういうことじゃない」と言わんばかりのツイートで雰囲気が変化。

案の定、多くのツッコミが発生しています。

ネット上では、立憲民主党の支持母体とされる自治労(全日本自治団体労働組合)からお怒りの声が出ているのではないかという意見が多数を占めています。

70万の支持者を捨てて600万のフォロワーをゲット!という声も。

何かと話題の丸山穂高議員も安定の煽り込みで下記のようにツイートされています。

不要不急の法案として、成立も自粛という流れでしょうか。

立憲民主党福山哲郎議員のツイートにもツッコミが入る


尾身氏に対する高圧的な物言いが話題となった福山哲郎議員のツイートにも当然のようにツッコミが入りました。

他には支持母体が敵に回るのではないかという声もあがっています。

#検察庁法改正案に抗議します(工作)にのせられた著名人は?

#検察庁法改正案に抗議しますとハッシュタグをつけてツイートされた著名人の方々が静かなような気がしますが、どうされたのでしょうか。

成立が見送られたことに対してほとんどの人が何の反応も示されていません。

いきものがかり水野良樹氏も名前があがっていましたが、まるで何事もなかったかのようにノーリアクションです。

この不自然さは多くの国民が感じていると思うので、何らかのリアクションを示していただきたいですね。

また、#検察庁法改正案に抗議しますと何百万ものツイートがありましたが、その内約半数が全体の2%のアカウントによる仕業だった事が判明しています。

ツイッターの反応

まとめ

様々な議論を巻き起こした検察庁法改正案。

メディアが大きく報じたことで国民の多くも知ることになりました。

また、スパムまがいのツイートで数を増やしていたということが明らかになっています。

検察庁法改正案見送り後の静けさも不自然でしたね。

定年を引き延ばして高給取りを留めるより、仕事があるのなら失業した若者や就職氷河期世代こそ公務員で雇用すべきという世耕議員の発言の方が民意を反映しているように思えます。

いずれにしろ今はコロナ対策が最優先なので、不要不急の法案は後回しにしていただきたいですね。

コメント

  1. kn より:

    立憲民主メガンテして検察法案阻止
    元から定年の無い芸能人大勝利
    自治労・・・・・・・・
    という事ですね。

    定年延長しなくなる人達こそテレビ新聞のユーザー層ですけど、芸能人大丈夫?

タイトルとURLをコピーしました