コロナ感染の金沢市松村理治市議が退院後自宅待機無視でパチンコ通い?市議の弁明に対するネットの反応まとめ。

新型コロナ関連

石川県金沢市の新型コロナ感染が確認されていた松村理治市議が、退院後の自宅待機中にパチンコ通いをしていたというニュースが流れました。

国民一丸となって自粛を続け、感染者数は減少傾向にあります。

そんな中で自宅待機無視でパチンコ通い。

この行動に呆れ果てた県民、市民は数多く、怒りの声が多数あがっています。

今回は、自宅待機無視でパチンコ通いをしていた金沢市松村理治市議に対するネットの反応を調べていきたいと思います。

金沢市松村理治市議が退院後の自宅待機中にパチンコ通い

新型コロナウイルスに感染し、7日に退院した金沢市議会前議長の松村理治市議(69)=自民党金沢市議員会=が、自宅待機中にもかかわらず、石川県の休業要請の対象となっていたパチンコ店を利用していたことが20日、分かった。松村氏は同日、共同通信の取材に「どれぐらい人が(店に)いるか、世の中の流れを見ておこうと思った。浅はかだった。反省している」と事実関係を認めた。

松村氏によると、19日午後2時すぎに金沢市内の店を訪れ、3時間ほどパチンコをしたという。松村氏は4月4日に感染が判明。県内の病院に入院し、5月7日に退院していた。退院する際、医師から2週間程度は自宅で待機するよう指示されていたという。
引用:毎日新聞

県民が自粛している中、パチンコを楽しまれていた様子。

退院後の自宅待機期間は、市議会を欠席されていたようです。

松村理治市議は苦しい弁明

どれぐらい人が(店に)いるか、世の中の流れを見ておこうと思った。浅はかだった。反省している

松村理治市議の非常に苦しい弁明。

ただの自己保身からの発言としか思えず、「しばらく行っていなかったから行きたかった」と発言していた方が潔かったのではないでしょうか。

立場のある方のモラルに欠ける行為に、ネット上では怒りと呆れの声が多数あがっています。

自宅待機も守れない議員が議員を続けることができるのでしょうか。

進退問題にも発展しかねない事態となっています。

ツイッターの反応

まとめ

石川県民、金沢市民の声は怒り、呆れ、そして恥ずかしいの声。

“議員辞職”という単語も登場しています。

自宅待機期間中にルールを守らずにパチンコ遊戯を楽しんでいたとなると、弁明は難しいと思います。

ご本人は議員辞職はしないと言っておられるようですが、県民、市民の声次第ではどう転ぶか分かりません。

西村大臣が言われるように、少し“気の緩み”が見られるようです。

関連記事
石川県津幡町の10代男子学生がコロナ感染!男子学生の学校、症状と感染経路を調べてみました。石川県津幡町の10代男子学生がコロナ感染!男子学生の学校、症状と感染経路を調べてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました