岩見沢市(空知管内)でコロナクラスター(集団感染)の可能性あり?!隠蔽との声もあがるネットの反応は?

クラスター感染

5月26日、北海道岩見沢市で3人が新型コロナウイルスに感染し、クラスター(集団感染)が発生しているのではないかという声が高まっています。

北海道では感染者の居住地を非公開とすることが多く、どこで感染したのか分からないという状況が続いています。

岩見沢市で感染が確認された場合、空知総合振興局管内と表記されることが多いのですが、5月26日は空知総合振興局管内(岩見沢市)と表記された感染事例が1件公表されました。

情報が非公開とされていることで、地域の住民は疑心暗鬼になっている方もおられるようです。

情報公開によって個人が特定されることで様々な問題が発生する場合もありますが、非公開にするとデマが確実に増えます。

地域住民が自己防衛をしていくにあたって、ある程度の情報公開は必要では無いかと考えます。

今回は、岩見沢市でクラスター発生の可能性について調べていきたいと思います。

岩見沢市でクラスター(集団感染)が発生している?

5月26日、居住地に「空知総合振興局管内(岩見沢市)」と記載されたのは1058例目の60代女性。

同日、居住地に「空知総合振興局管内」と記載されたのは、1059例目(50代女性)、1060例目(30代女性)。

上記の感染者3人は、北海道が公表している資料にある周囲の患者の発生の欄でいずれも結ばれています。

このことから、居住地非公開の2人は岩見沢市住みが濃厚なのではないかと考えられています。

年齢をみると同居家族とは考えにくく、同じ職場(店舗等)で感染したのではないかと思われます。

クラスター(集団感染)の定義は、同一箇所から5人以上の感染者が発生した場合とされています。

現在、感染が確認されたのは3人ですが、以前に同一箇所から感染が確認されていた、今後感染者が出る可能性は十分に考えられます。

すでに濃厚接触者も特定されていると思われますが、いずれにしろこれ以上感染が広がらないことを願うばかりです。

追記
5月27日に感染が確認された1069例目、1070例目の感染者は、北海道が公表している周囲の患者の発生で結ばれていることが分かりました。

岩見沢市でクラスターが発生していることはほぼ確定といえそうです。

他管内の非公開事例はどれくらい?

岩見沢市が含まれる「空知総合振興局管内」で感染が確認され、居住地が非公開となっている事例は5月26日時点で17件あるようです。

石狩管内(46)、オホーツク管内(42)、釧路管内(18)の数字も高くなっており、非公開事例が多数あることが分かります。

感染経路や感染場所が分かることは、そこに住む地域住民の自己防衛に非常に役に立つことから、非公開が多い北海道の姿勢に対して隠蔽しているのではないかという不満の声も少なからずあがっています。

岩見沢市の場所

ツイッターの反応

まとめ

感染者の情報が非公開になっている弊害がかなり出ているようです。

「憶測やデマに気を付けて」という自治体の呼びかけは、正確な情報提供が大前提となります。

情報非公開のなかで、憶測やデマが飛び交わないということはあり得ません。

北海道として何らかの対応をとってくれることを期待します。

関連記事
岩見沢市の給食センター調理員がコロナ感染で小中給食当面ストップ!市立学校給食共同調理所について調べました。
札幌市立保育所2か所で清掃員がコロナ感染!どこの保育園か非公開としておりネットでは隠蔽との声も!
岩見沢市でコロナクラスター(集団感染)発生した美容室の場所はどこ?ネットの反応とあわせて調べてみました。
北海道教育委員会はコロナ感染者出ても学校閉鎖、休校せず継続方針?!学校再開に対するネットの反応は?
札幌勤医協中央病院でコロナクラスター発生!看護師や患者合わせて9人の集団院内感染の状況を調べました。
北海道庁建設部30代男性職員がコロナ感染!男性の感染経路と道庁の対応を調べました。
北海道警察初のコロナ感染で44人自宅待機?20代男性巡査部長の感染経路を調べました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました