小金井市武蔵野中央病院でコロナクラスター発生か?看護師の感染経路、病院の対応を調べました。

クラスター感染
出典:kango-roo.com

5月28日までに、東京都小金井市ので看護師の方3人が新型コロナウイルスに感染していることを確認されたそうです。

護師3名の他にも、患者の方を含む18人が発熱などの症状を訴えているそうで、クラスター(集団感染)が発生しているのではないかという声が高まっています。

18人はPCR検査を受けておられ、緊急事態宣言解除後、都内で初のクラスターとなる可能性もあるそうです。

今回は、小金井市 武蔵野中央病院のクラスター発生の可能性について調べていきたいと思います。

小金井市の武蔵野中央病院でクラスター(集団感染)が発生している?

5月21日に武蔵野中央病院の看護師1名が感染されて、その後同じ病棟で勤務されている濃厚接触者であった看護師2名の方の感染も確認されました。

21日に感染が確認された看護師の方の感染経路は不明とのことです。

解除後、感染経路が不明の方が増えいるようですが、感染経路が分からないと知らない間に人へ移してしまう場合があり、感染が拡大してしまう恐れがあります。

しかし、感染場所に心当たりがない場合、罪悪感で苦しむ方も多いようです。

今回感染された看護師の方と、患者さんを含む18人の方が一日も早く回復されることを願っています。

武蔵野中央病院の場所


住所:東京都小金井市東町1丁目44−26

武蔵野中央病院の状況

ツイッターの反応

まとめ

東京都は、厚生労働省に対してクラスター対策班の派遣を要請しているそうです。

閉鎖病棟ということもあり密閉された空間であったことが想定されます。現在も18人の方が症状を訴えられているとのことです。

自粛が解除されても新型コロナは収束していないので、第2波への構えが意外と早い段階で必要になってくると思われます。

外出する人も増えていますが、同時に感染経路が不明な人が増えてきているので、マスクの着用や予防対策を各自でとっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました