札幌昼カラクラスター店名が北区新琴似『カラオケ広場札幌挽歌』と判明!28人と連絡とれず感染拡大の恐れ。

クラスター感染

6月17日、札幌市は夕方会見を開き、市内の感染者6人の公表と新たな昼カラクラスターが発生したことを発表しました。

カラオケ広場のクラスターが相次ぎ、札幌市は広く注意発起を呼びかける必要があるとして、店の同意を得て店名の公表に踏み切ったようです。

新たな小規模集団感染クラスターが発生したのは、札幌市北区新琴似にある「カラオケ広場 さっぽろ挽歌」だそうです。

今回は、店名が公表された「カラオケ広場札幌挽歌」の状況とネットの反応を調べていきたいと思います。

札幌昼カラクラスターの店名が『カラオケ広場札幌挽歌』と判明

カラオケ広場札幌挽歌の場所


住所:北海道札幌市北区新琴似8条12丁目2−3

昼カラクラスターの状況

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が2店で発生している「昼カラオケ」をめぐり、札幌市は17日、昼カラでは市内3店目となるクラスターが発生したと発表した。店の感染者は客4人と従業員1人の計5人で、いずれも60歳以上。店の客のうち28人と連絡が取れず、市は店名を公表して相談窓口に連絡するよう呼び掛けている。

昼カラで感染した可能性がある市内の陽性患者は18店計52人となった。このうちクラスター3店の感染者は計35人。市の担当者は「昼カラで感染が拡大しているが、カラオケ自体に問題はない」として、歌唱時のマスク着用やマイクの小まめな消毒などの感染予防策を取るよう求めた。

市によると、3店目は札幌市北区の「カラオケ広場さっぽろ挽歌」。5月末まで休業し、6月1日から営業を再開したが、市保健所から連絡を受けて14日から休業している。
店で感染が広がった可能性のある期間は4日から13日までで、この間に来店した客48人のうち28人と連絡が取れていない。
「昼カラオケ」について、市保健所は「喫茶店などで昼食・軽食の提供などと合わせて日中に行われるカラオケ」と定義。さっぽろ挽歌は夜もカラオケを利用できる。
店内に窓はなく、換気扇5つを回し入口を定期的に開放していた。マイクの消毒は行っていたが、歌唱時にマスクを着用するかどうかは客に任せ、歌い手とほかの客との間に遮蔽板はなかったという。
昼カラをめぐっては、札幌市の高齢者の間で感染が拡大し、9日と11日に喫茶店2店で相次いでクラスターが発生。それぞれ17人と15人の感染者が判明し、うち1人は2店を行き来していた。市は、2店の客を特定できたとして店名を公表していない。

引用:産経新聞

「カラオケ広場さっぽろ挽歌」の大家が語る店の状況

いわゆる「昼カラ」でクラスターが発生した、3軒目の店舗の大家が、HBCの取材に応じ、店の状況などを語りました。
「店のママが保健所から『あなたもPCR検査をした方がいいよ』と言われたようだ」(「カラオケ広場さっぽろ挽歌」の大家)
こう語るのは、「昼カラ」でクラスターが発生した札幌市北区の「カラオケ広場さっぽろ挽歌」の大家です。
札幌市によりますと、これまでに、この店の客と従業員、あわせて5人が感染しています。
このうち60代の男性客は、昼カラでクラスターが発生した札幌の2軒目の店も利用していたことがわかっています。
「(感染予防とかしてたんですか?)してるよ。『消毒する薬が手に入らない』と言うから、持ってきてやったり…(客が)自分で(新型コロナを)持って来るのだからどうにもならない」(「カラオケ広場さっぽろ挽歌」の大家)
今月4日以降にこの店を利用したうち、28人とまだ連絡がとれておらず、札幌市は情報の提供を呼びかけています。
引用:北海道放送

高齢者の憩いの場であるカラオケ喫茶での相次ぐクラスター感染。

新型コロナは飛沫感染に注意しないといけないと言われていますが、店側が歌唱時にマスクを着用するかどうかは客に任せていたことからも、常連客のために危機管理よりも店を営業する事を重視されていたようにも感じられます。

高齢者や持病のある方は重症化する恐れもあるので、連絡の取れない28人の方は、ご自身と周りの命を守るためにも申し出てくださることを願います。

ツイッターの反応

まとめ

カラオケ喫茶からのクラスターは3店舗目ですが、札幌近郊の『昼カラ』を巡る感染者は全部あわせて52人(客43・従業員9)とかなりの人数となっています。

店名を非公開とするところが多い中、市が店の承諾を得て名前を公表されることとなり良かったです。

追跡作業が速やかに進んで、感染がこれ以上拡大しないことを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました