東京都内の特別支援学校30代女性教員がコロナ感染!児童3人と濃厚接触も臨時休校しない方針に疑問の声!

学校感染

6月21日、東京都で新型コロナウイルス感染者が35人確認され、うち1人が特別支援学校の教員ということが分かりました。

感染が確認された35人のうち、20代が20人、30代が11人と、ここのところ若い世代の感染が目立っている状況です。

無症状の感染者も少なくなく、いつどこで感染してもおかしくない状況となっています。

今回は、感染が確認された30代女性教員の状況と、特別支援学校の対応について調べていきたいと思います。

特別支援学校の30代女性教員がコロナ感染

都内の特別支援学校の教員が新型コロナウイルスに感染していることが新たに確認されました。
都によりますと濃厚接触者とされた児童3人は今のところ体調不良は訴えていませんが、PCR検査を受けるということです。

都によりますと新型コロナウイルスの感染が確認されたのは、23区内の特別支援学校に勤務する30代の女性の教員で、今月16日に出勤したあと、発熱の症状があったことからPCR検査を受け、19日感染が確認されました。
感染経路は分かっていないということです。
介助などのため教員と接触があった児童3人が濃厚接触者とされ、今のところ体調不良を訴えていませんが、今月29日まで出席を停止しPCR検査を受けるということです。
学校はこの教員が常にマスクをし、ほかの児童・生徒や教職員とは距離を取っていたことや、校内を毎日消毒していることなどから、保健所からの指示も踏まえ臨時休校はしない方針です。
引用:NHK NEWSWEB

特別支援学校の30代女性教員の概要

症状・経過
16日 出勤。退庁後、夕方37度台の発熱。
17日 朝、38度台の発熱。医療機関を受診し、PCR検査を勧められた。
18日 PCR検査を実施。
19日 検査の結果、陽性判明。
現在 本日から保健所指定の宿泊施設に移動し療養している。
※当該職員は、6月16日に出勤以降、休暇又は在宅勤務により学校への登校はない。
引用:東京都ホームページ

なお、30代女性教員の感染経路は分かっていないようです。

特別支援学校の対応は?

学校は、感染が確認された30代女性教員が常にマスクをしており、生徒・教職員と距離を取っていた等の理由から臨時休校は無しの方針。

また、校内は毎日消毒しているとのことですが、教員の感染を受けて、職員室・教室等を再度消毒したとのことです。

保健所が濃厚接触者と判断したのは生徒3人のみとなっており、該当する生徒は出席停止(6月16日~29日まで)とし、PCR検査を実施するとしています。

東京都内での教員の感染で、生徒に対するPCR検査が実施されるのは初めてとなるようです。

6月に入ってからお隣の神奈川県で生徒が感染した事例がありましたが、PCR検査対象となる教員・生徒の判断が自治体によって統一されていないように感じます。

神奈川県海老名市の事例では、生徒が感染し濃厚接触者無しの判断(マスク着用、席が離れているという理由)。

神奈川県相模原市の事例では、生徒が感染し同級生、教員、同じ登校班の生徒ら51人のPCR検査実施。

ちなみに上記2つの事例において、学校はいずれも臨時休校措置をとりました。

今回の教員感染では、生徒3人がPCR検査対象となっており、臨時休校無し。

この対応に対して、少なからず疑問の声もあがっています。

ツイッターの反応

まとめ

臨時休校にしない方針に対しての疑問の声がある一方、家庭の事情で休校にならないことで助かるご家庭もあるという声があがっていました。

一口に特別支援学校といっても様々な種類があり、対応の難しさがあるのかもしれませんね。

6月19日に移動制限が解除されたことから、ますます感染者が増加する可能性も考えられます。

いつ、どこで、誰が、感染するか分からない状況です。

明日は我が身、という意識を持って感染防止対策をとっていきましょう。

 

関連記事
東京多摩の都立特別支援学校50代男性教員がコロナ感染!27人接触疑いで学校は7月3日まで学年閉鎖。

コメント

タイトルとURLをコピーしました