石川県加賀市で30代女性がコロナ感染!移動制限解除で38℃台の発熱の中、東京から帰省か?!

新型コロナ関連

6月22日、石川県加賀市で30代女性が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。

30代女性は東京都在住の方ですが、加賀市に帰省されていた際に感染が確認されたとのことです。

加賀市は人口約6万5千人と比較的小さな街なだけに、ネットには住民の不安な声もあがっています。

今回は、石川県加賀市で感染が確認された30代女性の状況について調べていきたいと思います。

石川県加賀市で30代女性がコロナ感染

17日ぶりの感染者です。石川県内で新型コロナウイルスに新たに1人が感染したと発表されました。

感染が確認されたのは、東京都在住の30代女性で、都道府県をまたぐ往来が全面的に解除された後の6月20日(土)加賀市に帰省していました。

21日に県内の医療機関を受診し、22日に帰国者接触者外来を受診。肺炎と診断され、抗原検査を実施したところ陽性と判明しました。症状は中等症です。

県は濃厚接触者がいるかどうか含めて調査中です。
引用:石川テレビ

引用記事には記載がありませんが、NHKソースの情報では、女性が東京から石川県加賀市に帰省する際、38度台の発熱があったそうです。

30代女性の症状・行動歴

30代女性・・・東京都内在住(加賀市に帰省)

6月18日・・・腹痛。

6月20日・・・加賀市に帰省。帰省後に38度台の発熱を確認。

6月21日・・・医療機関受診。

6月22日・・・帰国者接触者外来を受診、肺炎と診断。抗原検査で陽性と判明。

抗原検査での新型コロナ陽性確認は石川県内で初とのことです。

6月20日に発熱症状が確認されているので、潜伏期間を考慮するまでもなく東京都内で感染されていたことが分かります。

どのような方法で帰省されたのか分かりませんが、公共交通機関を利用されての帰省だとしたら濃厚接触者が増える可能性もあるかもしれません。

症状は中等症とされています。

コロナ回復者によると、軽症と表記されていてもかなりつらい症状だということが分かっていますが、その軽傷よりも症状は重いようです。

感染者の1日も早い回復を祈ります。

ツイッターの反応

まとめ

発熱症状がある中での帰省に「それはどうなの?」という声が少なからずあがっていました。

移動制限が解除されたことが要因のひとつとして挙げられると思いますが、全国各地で散発的にコロナ感染者が確認されています。

これまで感染者が多く確認されている大都市圏ではなく、加賀市のような地方の比較的小さな街も例外ではありません。

小さな街で感染者が出た場合、情報がかなりのスピードで拡散され誹謗中傷の的になる場合もあります。

経済を優先させている状況では、誰がどこで感染しても不思議ではありません。

明日は我が身です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました