近畿大学奈良病院でコロナクラスター発生か?!看護師3人は大阪で夜通しパーティーをしていたことが判明!

クラスター感染
出典:ウィキペディア

7月10日、近畿大学奈良病院の20代看護師3人と70代入院患者2人の新型コロナウイルス感染が公表されました。

5人の方の感染は、7月4~10日の期間に確認されたそうです。

看護師3人の感染経路は、大阪市内で夜通しパーティーに参加していたり、カラオケへ行っていたことではないかと推定されています。

今回は感染された方の状況と、近代奈良病院の対応について調べていきたいと思います。

近大奈良病院(奈良県生駒市)は10日、4日以降10日までに、20代の看護師3人と70代の入院患者2人の計5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。師の1人は発熱後も病棟勤務を続けていた。看護師3人は大阪市内で夜通しパーティーに参加したり、カラオケに興じたりしており、県は感染経路と推定している。

県は看護師の感染経路が全員同じではないと推定されることから、現段階ではクラスター(感染者集団)の発生ではないとしている。同病院は職員や入院患者など計約2000人を対象にPCR検査(遺伝子検査)を進めており、さらなる感染者が判明する恐れもある。
看護師3人のうち4日に感染が判明した男性看護師について、県の説明は当初6月27~28日に大阪市内で知人らと会食したとの内容にとどまっていたが、荒井正吾知事が8日の定例記者会見で「知人13人と『夜通しパーティー』をしていた」と明らかにした。

女性看護師2人は他の同僚2人と同市内のカラオケ店や飲食店で遊興していた。うち1人は37・8度の熱を発症した後も病棟で勤務し、4人で兵庫県内に遊びに出掛けていた。
患者2人はこの看護師以外の感染看護師2人が勤務する別の病棟に入院しており、病室で感染した可能性が高いという。

城谷学院長は会見で「患者や地域の皆様にご迷惑をおかけし誠に申し訳ない」と謝罪。看護師の行動について「責任ある行動ではない」「指導不足だった」と繰り返した。職員には2月以降、「3密」を避けるよう繰り返し通知し、医療従事者としての自覚と感染対策の徹底を促していたという。

引用:毎日新聞

看護師の方々は少し息抜きのつもりだったのかもしれませんが、夜どおしパーティーや37.8度の発熱のまま勤務されていたことに対しては、

終わりが見えない中医療職のストレスはすごいものがありますよね」

看護師がこれなら、院内感染も起こるわな」

「これから院内感染で爆発的に増えるかもしれない」

など、擁護の声と非難の声が上がっています。

近畿大学奈良病院の場所


住所:奈良県生駒市乙田町1248−1

近畿大学奈良病院の対応

当院の患者様(7月4日に退院)1名が新たに新型コロナウイルスに感染したことが7月10日(金)に判明いたしました。これによって、医療従事者と患者様を合わせて5名の感染が判明したことになります。
奈良県・所轄の郡山保健所・外部感染症専門医からの助言を受け、本日から4日間をかけて、すべての病院関連職員、入院中の患者様にPCR検査の実施を進めております。対象者は約1800名程度の検査を予定しています。
今後、奈良県、保健所と協議のもとで対応を進めるとともに、経過については随時ホームページ等でご報告いたします。
医療機関として、院内における感染防止に細心の注意を払っておりましたが、このような結果となり、患者さまやご家族、地域の皆様にご不安をあたえていることを深くお詫びいたします。
みなさまにはご心配・ご迷惑をおかけいたしますが、新型コロナウイルスの感染拡大防止に全力で努めてまいりますので、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
病 院 長

引用:近代奈良病院HP

PCR検査の対象者が約1800人と膨大な人数となっていますね。

他のメディア報道によると、検査対象約2000人という数字もあがっています。

病院は、とくに感染が広がりやすい環境です。

これから感染者が増加する可能性があり、クラスター認定となりそうです。

ツイッターの反応

まとめ

これから病院関連職員・入院中の患者さん約1,800名にPCR検査が実施されるようです。

感染者が増加した場合、地域の信頼を回復するのも時間がかかるかもしれません。

医療従事者の方のストレス解消には、常に責任がついて回ることがわかりました。

賛否両論ある近畿大学奈良病院ようですが、頑張っておられる医療従事者に対して感謝の気持ちを持って過ごしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました