山形県寒河江市のスナック“ピンクソーダ”勤務20代女性がコロナ感染!天童市に帰省中の女性の行動歴は?

新型コロナ関連

7月13日、山形県では2人の感染者が確認され、うち一人はピンクソーダ勤務の20代女性(埼玉から帰省)となります。

山形県外在住者の感染確認が続き、地域住民はピリピリとした雰囲気となっています。

政府は県を跨いでの移動を制限していませんが、田舎では未だ帰省を自粛している方も多くおられます。

女性は、帰省した当日から咳が出ていたとされており、ネットでは少々厳しい声もあがっています。

今回は、勤務先とされるピンクソーダの場所、感染が確認された女性の行動歴を調べていきたいと思います。

山形県寒河江市のピンクソーダ勤務20代女性がコロナ感染

新型コロナウイルスについて山形県は13日午後8時から会見を開き、新たに1人の感染を確認したと発表しました。

感染が確認されたのは埼玉県の20代の女性で、7月6日から9日まで寒河江市本町一丁目の飲食店「ピンクソーダ」で勤務していました。
県によりますと女性は6日に咳の症状を訴え、9日から嗅覚障害が出ていて13日に医療機関を受診したということです。
女性は実家が天童市で、今月6日に埼玉県から一時帰省して寒河江市の飲食店に勤務していました。また今月3日まで埼玉県内の飲食店に勤務していたということです。
女性は今後、村山地域の感染症指定医療機関に入院する予定です。
濃厚接触者については調査中ですが、県では不特定多数の人と接触した可能性があるため速やかに発表したとしています。
またこの店舗を利用した人は症状の有無にかかわらず村山保健所にに相談してほしいと話しています。
村山保健所の電話番号は023-627-1100です。
引用:FNN(さくらんぼテレビ)

ピンクソーダは情報ページでは「スナック」と記載されており、店頭看板では“カラオケ無料、団体53名までOK”と謳っています。

山形県は多くの利用客との接触があった可能性を考えているようです。

県が呼びかけているように、利用された方で体調に何らかの変化を感じた方は早めの相談を。

※山形県の追加調査で11日まで勤務していたことがわかりました

ピンクソーダの場所


20代女性の行動歴

7月3日まで埼玉県内の飲食店(バー)勤務

7月6日、埼玉県から天童市内の実家に一時帰省、咳あり(当日のみ)

7月6日~9日、寒河江市のスナック「ピンクソーダ」で勤務(マスク着用)
※山形県の追加調査で11日まで勤務していたことがわかりました

7月9日、嗅覚障害の症状あり、翌日から休み

7月13日、県内医療機関受診、陽性確認

村山地域の感染症指定医療機関へ入院予定

ツイッターの反応

まとめ

埼玉県のバーで勤務、帰省してスナックで勤務されていたようですね。

7月に入り、コロナ関連のニュースでは“夜の街”関連の感染が連日報道されていたと思います。

それを考えると、「自分は大丈夫」という思いがあったのではないでしょうか。

都会と比べて田舎のは感染に対しての反応は格段にシビアです。

ワクチンが広まるまで、この流れは変わらないのかもしれません。

 

関連記事
山形大学米沢キャンパスに通う20代学生がコロナ感染!東京へ旅行し都内クラブ利用、その後アルバイト出勤?!
天童市のグループホーム支援センター天花20代男性職員がコロナ感染!ピンクソーダ勤務女性とは友人関係。
山形県の自動車学校に来ていた東京の大学生がコロナ感染!白鷹町マツキドライビングスクールの合宿に参加!

コメント

タイトルとURLをコピーしました