中野市南宮中学校20代男性教員がコロナ感染で臨時休校!学校の対応と男性教員の行動歴を調べました。

学校感染

7月29日、長野県中野市にある南宮中学校20代男性教員が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。

教職員の感染事例は全国各地で確認されていますが、長野県で確認されたのは初となるそうです。

現状では、日頃から注意していても、いつどこで感染するか分かりませんね。

今回は、南宮中学校の対応、感染が確認された男性の行動歴・症状を調べていきたいと思います。

中野市南宮中学校20代男性教員がコロナ感染

長野県内で初めて教員が「新型コロナウイルス」に感染したことがわかりました。

感染が確認されたのは、中野市の南宮中学校の20代男性教員です。中野市によりますと、男性教員は、27日に授業を行い帰宅、その夜、足の痛みがあらわれました。28日の朝、検温し平熱だったため、出勤しましたが、倦怠感が出たため授業を行わず、午前11時に退勤、発熱や咳の症状もあらわれ、市内の医療機関を受診、新型コロナ北信検査センターでPCR検査を実施し、29日に「陽性」が判明しました。

市によりますと、男性教員はクラス担任で部活動の顧問も務めているということです。現時点で他の教職員や生徒に症状は出ていません。また、感染経路については、県や保健所が調査しているとしています。

南宮中学校は、8月1日から夏休みにはいりますが、あす30日、31日は臨時休業、また、当面の間、校内への立ち入りを禁止、部活動、教室の開放なども中止するとしています。さらに、中体連夏季交流大会への参加も中止するということです。

また市は、男性教員の感染経路が特定できないことから、市内の図書館や公民館など37の公共施設を30日から当面の間、閉館するとしています。
引用:FNNプライムオンライン

中野市南宮中学校の対応は?

新型コロナウイルス感染者の発生に伴う南宮中学校の臨時休業について
(掲載日:2020年7月29日)

7月29日(水曜日)、南宮中学校に勤務する20代男性教員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

南宮中学校においては、7月30日(木曜日)、31日(金曜日)の2日間を臨時休業とします。(8月1日(土曜日)から17日(月曜日)まで夏季休業)

南宮中学校の対応について
7月30日(木曜日)から当面の間、校内(グラウンド等も含む)への立ち入りを禁止します。

南宮中学校以外の市内小中学校について
南宮中学校以外の市内小中学校においては、通常登校とします。
引用:中野市ホームページ

南宮中学校は30日、31日を臨時休校措置として、そのまま夏休みとするようです。

タイミングとしては丁度良かったのかもしれませんね。

当面の間、学校内への立ち入り禁止になるとのことで、先生方は準備に追われそうです。

また、大変残念なことに、中体連夏季交流大会への参加を中止するとのことです。

中体連夏季交流大会は、全中、県中が中止となったことで行われれることになった大会です。

1人の感染者が出ただけですが、影響は大きなものとなっています。

20代男性教員の行動歴・症状

102例目(患者)
1.年 代 20代

2.性 別 男性

3.居住地 中野市

4.職業等 教職員

5.症状、経過、行動歴等
7月27日 下肢痛が出現
7月28日 発熱・咳が出現
医療機関Aを受診し、新型コロナ北信検査センターにて検体採取
7月29日 検査の結果、陽性が判明
感染症指定医療機関に入院

6.濃厚接触者 家族8名
その他   その他調査中
引用:長野県ホームページ

7月27日が発症日とされていますが、男性は28日の午前11時に体調不良で退勤されるまでは、通常通り出勤されていたとのこと。

発症日の2日前から感染力が強くなるとされています。

幸い4連休を挟んでいる為、影響は少なくなると思いますが、それでも学校で感染が広まっていないか心配ですね。

また、男性教員は、濃厚接触者(家族)が8人おられるということで、家庭内感染が懸念されます。

男性の1日の早い回復、感染が広まっていないことを祈ります。

南宮中学校の場所


ツイッターの反応

まとめ

自己判断で早退されていることから、感染された教員は日ごろからコロナに対して警戒感を持たれていたと思います。

部活の顧問をされていたということもあり、中体連夏季交流大会への参加が中止されたことに対しては心痛は察するに余りあります。

感染経路不明で、いったいどこで感染されたのか分かりませんが、今は誰もが感染してもおかしくない状況です。

明日は我が身。

緊急事態宣言時より状況は厳しくなっているので、感染対策はしっかりやっておきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました