2020年台風10号ハイシェンは特別警報級レベル!?Windyによる進路予想と台風対策を調べました。

災害ニュース

日本は世界的に見ても稀な災害多発国家として認識されています。

その内、台風といえば毎年毎年日本に上陸するものだから、夏から秋にかけての風物詩となっています。

しかし、最近発生している台風は太平洋高気圧の影響で、これまでの台風と少し進路が異なるようです。

歴代級と評されている台風10号ハイシェンはどのような進路をたどるのか。

今回は、台風10号ハイシェン予測進路と台風への備え、対策を調べていきたいと思います。

2020年台風10号ハイシェンは特別警報級レベル

気象庁は2日、日本の南の海上を進む台風10号が6~7日に奄美から西日本にかけて接近、上陸する恐れがあると明らかにした。中心気圧930ヘクトパスカル以下、最大風速50メートル以上の特別警報級に発達する可能性がある

記録的な大雨、暴風、高波、高潮になる可能性があり、最大級の警戒を呼び掛けた。最新情報に注意し、週末までに備えが必要だ。

気象庁の杉本悟史主任予報官は台風10号の接近時に予想される最大風速について昨年首都圏で暴風による被害が相次いだ台風15号より強い可能性があると説明した。

台風10号は2日午前9時現在、マリアナ諸島付近を西寄りに進んだ。
引用:共同通信

この記事で言及されている2019年の台風15号は、『令和元年房総半島台風』と呼ばれており、関東地域に大きな被害をもたらしました。

去年の9月9日に千葉付近に上陸した際の中心気圧は960hPa、最大風速40m/s。

最大風速40m/sの風をイメージするには、時速144kmの乗り物から顔を出したと想像すると分かりやすいかもしれません。

高速道路を走る車の窓から手を少し出しただけで、風に持って行かれることを考えると、立っているのもやっとだと思います。

そして、これから日本への上陸が予想されている『台風10号ハイシェン』ですが、2019年台風15号を上回る勢力となることが予想されています。

これは、太平洋側の高い海水温が影響していると言われています。

また、ネット上では「伊勢湾台風」の再来という声も少なからず上がっており、一時「伊勢湾台風」がトレンドランキングに入るほどでした。

災害は警戒しすぎて損をすることはありません。

特に九州方面にお住まいの方は、ライフラインの確認だけでもしておかれた方が良いと思います。

2020年台風10号ハイシェン、各国の進路予想

上から、日本気象庁、チェコWindy、アメリカ、欧州の予想となっています。

国が違えば、進路にも些細な違いが出るようですね。

あくまで天気予報なので、2日以上先の天気予報となると、予想の当たる確率が下がります。

台風の場合は、進路が若干ずれることも多々あり、『台風10号ハイシェン』も刻々と進路を変えています。

数日前の進路は、和歌山県と四国の間となっていましたが、9月2日現在での進路予想は九州の西。

台風は一度通ると道が出来ると言われており、8号、9号が同じような進路をとっていたことから、10号も同様の進路に近づいているようですね。

『台風10号ハイシェン』については、歴代最強クラスの台風ということで、多くの人が固唾を呑んでその進路を見守っている状況です。

歴代台風はどのような被害をもたらした?


再来と言われている「伊勢湾台風」は、台風被害ランキングで堂々の1位となっているようです。

発生は1959年となっており、現在とはインフラも違うことから単純比較は出来ませんが、どうしても警戒してしまいますね。

当時は連絡手段も乏しかったでしょうから、助けを呼ぶに呼べないという状況もあったかと思います。

少し前の九州地方で発生した豪雨水害ではスマートフォンアプリのラインが大活躍したそうです。

現代の災害では、スマートフォンはかなり重要な役目を果たしており、老若男女問わず国民の多くが所持するようになりました。

停電の可能性も考えられるので、充電できる環境は整えておきたいところです。

台風対策ツイートまとめ

この他にも、車が風に煽られて横転するのを防ぐ為に、ガソリンを満タンにして車の重量を増しておく、という対策もあります。

備えあれば患いなし。

災害対策や準備は役に立たないことが一番ですが、出番が回ってくる可能性はゼロではありません。

万が一に備えて、準備だけはしておきたいですね。

まとめ

『台風10号ハイシェン』は、日本国内観測史上中心気圧の低い台風ベスト5入りする可能性を秘めた台風となることが予想されています。

『ハイシェン』とは中国語で『海神』という意味だそうです。

残念ながら(?)全く名前負けしていませんね。

不幸中の幸いと言ってよいのか分かりませんが、2020年は太平洋高気圧が頑張っている為、日本列島横断という進路はとっていません。

しかし、それと引き換えに列島は猛暑が続いており、停電になれば冷房がストップするという事態になる可能性があります。

この夏は、熱中症で病院に搬送された方の内訳では、高齢者の方が多かったようです。

災害対策はもちろんですが、熱中症にならない為にも暑さ対策はしっかり考えておきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました