ヨルシカの名前の由来とメンバー紹介!初見の人へおすすめ曲3選!

2020年おすすめバンド
出典:universal-music

ヨルシカとは

2017年にボカロPとして活動していたn-buna(ナブナ)さんが、ライブにゲストボーカルとして参加していたsuis(スイ)さんと結成。

バンドと言われていますが、作詞・作曲を担当するナブナさん(ギター・コンポーザー)とスイさん(ボーカル)の2人だけ。

ボカロPと歌い手さんの組み合わせ、と言われた方がしっくりくるかもしれません。

そんなヨルシカは「先入観で音楽を聴いてほしくない」というコンセプトをもったバンドで、顔をはじめ個人情報を明かしていません。

ただ君に晴れ』がTiktokで人気になったことで、この楽曲からヨルシカに興味を持った人も多いと思います。

アップテンポの楽曲が多いヨルシカですが、その歌詞は文学的で確かな世界観があることがわかります。

2019年4月10日にリリースされた“だから僕は音楽を辞めた”、2019年8月28日にリリースされた“エルマ”についてナブナさんはこう語っています。

まず、自分の過去や経験をもとに、音楽を辞めた青年の話を描きたいと思ったんです。そこには、オスカー・ワイルド(19世紀に活躍したアイルランド出身の詩人、作家)が戯曲の中で書いた「人生は芸術を模倣する」という言葉を、現代的に表したものにしたいっていう気持ちもあった。そして、それを表現するためには2枚のコンセプトアルバムが必要だったんですよね。

音楽を残して去った「エイミー」という青年と、その青年を模倣して音楽を始める「エルマ」という女の子の物語を作る。そうして1枚目で「模倣される側」を、2枚目で「模倣する側」を描くことで、オスカー・ワイルドの言葉を表現しようと思ったっていうところが、根底にはあります。

引用:ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

ナブナさんは読書が好きで、中高生の時は近代文学を読み漁っていたとのこと。

ヨルシカの楽曲に文学的は香りがするのは、こういった理由があるようです。

ヨルシカ 名前の由来

ヨルシカというバンド名は、1stミニアルバム『夏草が邪魔をする』の収録曲「雲と幽霊」の歌詞の一節「夜しかもう眠れずに」から取られた。また、目のようなデザインのロゴマークは月と月が向かい合っているモチーフで、時計の針にもなっており、「6時から夜」という意味が込められている

引用:wikipedia


『夜しか』=『ヨルシカ』

“雲と幽霊”ヨルシカというバンド名が誕生するきっかけとなった楽曲。

動画再生回数はなんと約1,400万回再生!

ヨルシカ メンバー

n-buna(ナブナ)

楽曲すべての作詞・作曲、及びギター&コンポーザーを担当。

2012年3月からニコニコ動画でボカロPとして活動をはじめ、人気ボカロPとしての地位を築いていたナブナさん。

ナブナさんは自身の楽曲に対しては“先入観で音楽を聴いてほしくない”という強い信念を持っています。

イケメンボカロPが作った楽曲
やさぐれたおじさんが作った楽曲
中学生がつくった楽曲



こういったバイアスがかかった状態で楽曲を聴くと、各人の思い込みによって様々な意味を持ってしまいます。

ただ楽曲を楽曲として聴いて欲しいという強い思いがナブナさんにはあるようです。

また、ナブナさんは楽曲作成についてインタビューでこう言い切っています。

僕が曲を作るのは、完全に自分のためです。「作りたい物語があるから作る」っていう、そこに尽きます。

引用:ヨルシカインタビュー 自分を滅却し、芸術に人生を捧げた2人の決断

suis(スイ)

ボーカル担当。

透明感がありつつハリも感じる稀有な歌声が特徴のスイさん。

初音ミクや鏡音リンのオタクでした。

いちボカロファンとしてナブナさんの楽曲は聴いていたそうで、特に『透明エレジー』には衝撃を受けたそうです。

ヨルシカとしての活動以前はどうしていたのかという問いにはこう答えておられます。

家の中で掃除するときに大声で歌ったり、料理しながら鼻歌を歌うくらいで(笑)。誰かに聴かせるということはしていなかったです。

引用:音楽ナタリー

そんなスイさんに対してナブナさんは、

ロックでもちゃんと映えて、かつバラードや浮遊感のある音楽にも対応できるような、ちょっとハスキー成分のある歌声の方を探していて。そこにちょうど当てはまる声質だし、しかも歌がうまい。「この人だ!」と思ってお願いしました。
ピッタリだと思える人と出会うまで、延々と探していたかもしれない(笑)。運よく出会うことができてよかったです。

引用:音楽ナタリー

ナブナさんとスイさんが出会っていなければ“ヨルシカ”は誕生していなかったのかもしれません。

ヨルシカ おすすめ曲

ヨルシカ/ただ君に晴れ


2018年5月4日公開MV

ヨルシカ/だから僕は音楽を辞めた


2019年4月5日公開MV

ヨルシカ/言って。


2017年6月28日公開MV
新海誠監督絶賛の曲!

まとめ

自分が納得するような曲を追求”しつづけているナブナさん。

自分を救うために歌っている”という感覚を持つスイさん。

はじめはビジネスパートナーという関係だったものが、今ではお二人ともお互いを相棒と認識されているようです。

これからも素晴らしい楽曲をどんどん世に送り出してもらいたい!

2020年はこれまでよりももっと良い曲を聴かせてもらえると思います。

 

関連記事

ヨルシカ『言って』歌詞の意味を考察。ナブナ(n-buna)さんと椎名もたさんとの関係。

コメント

タイトルとURLをコピーしました