川口春奈さんノリノリのCM曲「泡 Our Music」を歌ってるヤバイTシャツ屋さんとは?

2020年おすすめバンド
出典:yabaitshirtsyasan.com

最近、テレビなどで流れている川口春奈さんがノリノリで歌を口ずさみながらバスルームへ向かうシャンプーのCM。ご覧になった方も多いのではないでしょうか?
バックで流れているハイテンションな曲は、「ヤバイTシャツ屋さん」の9枚目のsingle「うなぎのぼり」に収録されている新曲の泡 Our Musicです。
TikTokやSNSなどで、ジワジワと人気が急上昇。これまでの楽曲も恰好よくふざけていて個性的、ついつい口ずさんでしまいます!

ヤバイTシャツ屋さんとは

ヤバイTシャツ屋さん(通称:ヤバT)とは、こやまたくやさん(ボーカル・ギター)、しばたありぼぼさん(ボーカル・ベース)、もりもりもとさん(ドラムス・コーラス)で構成された関西発の3ピースバンドです。

一度聞いたら、なぜか気になり記憶に残ってしまうこのバンド名。

TikTokやいろいろなバンドの対バンなどでヤバTの名前を見かけるようになり、音楽を聞いてみたらネーミングのイメージが変わるほど、メロディーや歌い方のすべてがカッコ良い!
何となく口ずさんでしまうキャッチーなフレーズが多く、これはヤバイバンドです!(笑)


ヤバイTシャツ屋さんの名前の由来と結成エピソード

まずは気になるのが「ヤバイTシャツ屋さん」という名前の由来。
ボーカル・ギターのこやまたくやさんが大阪芸術大学時代に、先輩が「今度、ヤバイTシャツ屋さん行きまーす」と言った言感が良く「これをバンド名にしてバンドを組みたい」と思ったことがきっかけだそうです。

実際に「ヤバイTシャツ屋さん」というバンドを結成してしまったこやまさんの独特のセンスや振り切った感じは、ほかのバンドとは違った世界観を感じます。

3人は大阪学芸大学のサークルで知り合い、ひとつ学年が上だったこやまさんが学園祭のステージに立つために、もりもとさんと、しばたさんに声をかけた事がきっかけで結成されたそうです。学園祭のステージに立つのにはオリジナル曲が必要だったそうですが、すでにこやまさんがオリジナル曲「ネコ飼いたい」を準備されていたそう。
こやまさん曰く、「友達がいなくてバンドが組めなかったけど後輩なら言ったことをしてくれると思って」との事ですが、運命的な出会いになったようですね。

ヤバイTシャツ屋さんのメンバー

こやまたくや(ギター・ボーカル・作詞作曲映像担当)
1992年10月23日(27歳)
こやまたくやさんの本名は、小山 拓也(こやまたくや)さんで、京都府京都市出身。
大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業

中学時代にマキシマム ザ ホルモンのマキシマムザ亮さんの影響をうけ、ギターを独学ではじめられたそうです。
音楽だけではなく、「寿司くん」名義で映像作家として自主アニメ制作やMV監督などの制作活動もされています。
岡崎体育さんとは中学校の先輩・後輩の中で、こやまさんが岡崎さんのミュージックビデオの制作も担当されていたり、親しく交流されています。

ヤバTの作詞作曲も手掛けていて、真似できないような個性が確実に武器になっています!

しばたありぼぼ(ボーカル・ベース)
1994年3月31日(25歳)
ありぼぼさんの本名は、柴田亜里沙(しばたありさ)さんで、大阪府高槻市出身
こやまたくやさんと同じ、大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。

ありぼぼさんははこやまさんに誘われてヤバTに加入されたそうで、ハイトーンの歌声と明るい雰囲気がさらにバンドを盛り上げています。
また、帰国子女のため英語が堪能で、楽曲「ヤバみ」の英語詩部分の英訳もされています。
道重さゆみさんのお誕生日に自身のブログを立ち上げたり、道重さんに関連するtweetを度々されるほど、コアな道重ファンであることも知られています。

もりもりもと(ドラムス・コーラス)
1993年10月19日(26歳)
もりもりもとさんの本名は、森本 啓太(もりもと けいた)さんで、静岡県浜松市出身。
こやまさん、しばたさんと同じ大阪芸術大学出身ですが学科は違って、芸術計画学科卒業。

ライブ中などに、突然リーダーのこやまさんからLINE IDを度々流出させられることがもはやネタになっている、イジられキャラのもりもりさん。
令和元年度には「浜松やらまいか大使」もされていて、幅広く活躍されています。

ヤバイTシャツ屋さん おすすめ曲

「泡 Our Music」


2017年MV公開
最後のフレーズ「Crush it year!」とシャンプーの会社「クラシエ」が掛かっているのはさすが(笑)小さいことは気にせずとりあえずお風呂にGO!!

「ハッピーウェディング前ソング」


2017年MV公開
TikTokで中高生の間で爆発的に人気となった一曲!「ハッピーウェディング前ソング」の2年後に発表された、入籍した二人の続投ソング「癒着☆NIGHT」もヤバTらしい仕上がりです。

「無線LANばり便利」


2017年MV公開
ポケモンGOが配信スタートされた当時、無線LANがあったら便利なのになぁ、と思ったのがきっかけでできた一曲。

「あつまれ!パーティーピーポー」


2016年MV公開
パリピの生態について歌った曲。そっくりなフレーズが話題になったLMFAOの『Shots』ですが、ご本人のオマージュ公認済みなんだそうです!

「ヤバみ」


2017年MV公開
英詞で恰好よく歌い上げていますが、訳してみるとありぼぼさんが歌っている通り「いっぱい英語で歌ってみたけどあんまり意味ないよ」。(笑)

ファンの反応

まとめ

9枚目のシングルのタイトルと同じく人気が「うなぎのぼり」のヤバT。
メロコア、パンクロック大好き世代もハマる曲多数!
2020年のヤバTの大躍進、注目です!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました